米軍合同台風警報センター(JTWC)予報

【台風予報 米軍合同台風警報センター(JTWC)の見解】

米軍合同台風警報センター(JTWC)の見解によると、グアム近海で発生すると見込まれている熱帯低気圧が発達して、今週末の16日(金)午前9時の時点で沖縄本島に再接近をするコース取りとなっている。
週末は3連休ということもあるので、この予報が大きくハズレてくれることを祈りたい。

     

台風予報 米軍合同台風警報センター(JTWC)の見解

南シナ海の熱帯低気圧が、台風第15号Rai(ライ)になるとすれば、宮城県の東海上の熱帯低気圧は台風第16号Malakas(マラカス)、グアム近海の熱帯低気圧は台風第17号Megi(メーギー)となるのだろうか。
米軍合同台風警報センター(JTWC)の見解を貼っておこう。

台風予報 米軍合同台風警報センター(JTWC)の見解

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM