精米

精米
炊きたてのご飯
一般的に玄米は30kgの分厚い紙袋に入っている。
これまでは半年に一度、この30kgの米袋を担ぎ、那覇市内の精米してくれるお店まで行き来していた。さらに持ち帰ってから食べる分量ずつに小分けするなど、まるで

半期に一度の穀物祭

のようだった。
これはちょっと大変だったので家庭用精米機を導入した。
玄米から白米へ精米すると約10%が米ぬかになるので、それを計算したうえで計量しなければならないが、それ用の計量カップも付属していた。操作そのものも簡単。
まず玄米をセットして、分量と分つきと強さを設定するだけ。
玄米

スタートボタンを押せば、あとは自動で精米してくれる。
精米中の香りがたまらなく良いです。
精米

出来上がりはコチラ。
精米後の白米は少しばかり熱いのですが、この機械は低温精米にこだわっているそうで、精米所の時よりは熱くなりませんでした。
精米後

写真はありませんが、精米後の米ぬか。
玄米は手作業で育てられた無農薬に近いモノなので、ビタミンB1が豊富な米ぬかも色々な形に変えて食べることにしました。これからはお米を食べる楽しみが増えたなぁ。

もちろん炊きあがったお米も抜群に美味しかった。
ちなみにこの精米機は道場六三郎監修だそうな。

お米が美味しいって幸せやわ~。
お米を作ってくれた方々に感謝。

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)