諸見里青年会2014旧盆エイサー

陸上はいいお天気なのに、台風第11号(ハーロン)の余波で沖縄本島周辺の海は大荒れ(と言っても入れる場所は所々あるので海に行ったけどね)。
明日の日曜日辺りが本番になりそうな四国、中国、関西の方はどうぞご安全にお過ごしください。

諸見里青年会

赤ちゃんも産まれてそろそろ10ヶ月が経過。
たまには寝る時間が遅くなっても良いだろうということで、今年は久しぶりにコザの道ジュネーを味わいに行ってきた。

「コザの道ジュネー」と言われても何のこっちゃ分からへん!という方が大半だと思うので簡単に説明すると、毎年旧暦のお盆(今年は8/8~8/10)になると、沖縄本島の一部地域では青年会に属する若い男女(大太鼓、小太鼓、手踊り、チョンダラー、旗頭)と地謡(ジウテー)と呼ばれる編成で、自分たちの町中を練り歩きながらお布施を貰うという本来のエイサーのこと。
観光旅行で見られるようなショー的エイサーではなく、クローズドな雰囲気で行われているところがすごくイイと個人的には思う。

青年会によっては、男の手踊りだけで構成されるところもあるし、同じ歌でも青年会によって全く違うので見ていて面白いんです。

赤ちゃん連れだと、地元の人だと思われるのか、沖縄では相変わらず色んな人に話し掛けられるので溶け込みやすかったりというメリットがあることを今年は肌で体感。
一度溶け込むと、地元の方は色々と教えてくれるのでより詳しい話が聞けて面白い。

百聞は一見にしかずということで、動画を是非見てみて。
画面が暗かったので、YOUTUBEにUPしたあとに補正して見やすくしています。

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です