那覇ハーリー花火

那覇ハーリー(那覇港新港ふ頭)から打ち上げられた花火の写真

GW前半の4月29日、アメリカ連邦議会上下両院にて、安部総理が日本の総理大臣として初となる演説をされましたね。世界に誇れる日本の総理大臣が誕生した瞬間でした。
物言いや思想の一致から、官房長官時代から総理になってくれと願っており、一度目はガッカリさせられたものの、二度目は期待通り。
これほどまでに『政』を短期間でこなせる能力は、歴代の総理大臣においても評価に値するのではないかと思います。

日米同盟は日本の国益だけではなく国際社会の正義にも合致している上に、今回の演説もオバマ政権に対し、以前の強いアメリカを希望していると言っている様にも取れ、肝が座っている突っ込んだ内容でもあると感じました。
一方では、悪意に満ちた演説の抜粋やら意訳やらが存在している事に辟易しますが、降りかかる火の粉を振り払いながら、これからも日本国を良くするために頑張っていただきたいものです。
興味のある方は、 演説内容全文(日本語) からどうぞ。

火の粉といえば花火。

2015年も那覇港新港ふ頭から3日連続で花火が打ち上げられました。

20時40分~21時までの短時間で、尚且つ花火の内容や迫力は本州のそれと比較すると随分見劣りしますが、それでも気持ちは華やかになるものです。

今の家を買ってから3年目に突入した花火鑑賞ですが、一昨年は2人で、昨年と今年は3人で、来年は4人で鑑賞することになりそうです。
これから増える家族を思うと、子育ての醍醐味(楽しさだけでなく)や家族の絆、老後(笑)という独特の感覚を楽しみたいと思います。

ちなみに、『那覇ハーリー花火』というタイトルを付けてはいるものの、那覇ハーリーそのものは見に行ったことがありません。

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM