都道府県別幸福度ランキング

【沖縄本島のダイビングで撮影した水中写真はナシ】

減った体重はリバウンドも無く、むしろ体脂肪率が6%減っており更に改善されている。
和食中心へと食生活を改善した以外は特に何もしていないが、やはり無形文化遺産になるだけの価値が日本料理(和食)にはあるんだろう。

少し前に日本総研 編集で『都道府県別幸福度ランキング』が発売された。
今年は65の指標からランキング付け。
毎年恒例となっているが、色々な意味で都道府県別ランキングは面白い。

特に基本指標「健康」「文化」「仕事」「生活」「教育」の5分野は信頼性の高い参考データになってきたのではないだろうか。
結果から言うと、福井県が3年連続で1位、2位は東京都、3位は富山県。
福井県と東京都は、「教育分野」と「仕事分野」で水準が高く、福井県は「生活分野の家族」でも水準が高かったことで1位となっている。

中でも教育は「入口」となり、仕事は「出口」となる。そして人間として根底にあるのが「家族」。そういう意味では、この3つのカテゴリーはとても重要。

ちなみに私が住んでいる沖縄県は46位。高知県が47位。
この県名を聞いて連想するのは、平均年収の最下位争い。
改めて教育と仕事は密接な関係にあり、重要なカテゴリであると感じるデータであった。

     

和食

我が家の夕食は、勿論和食。
栗ご飯、美味しい・・・

不健康な沖縄料理より健康に良い和食

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM