沖縄本島の河川で撮影した 鯉 ( コイ ) の 水中写真

今日は『こどもの日』。

子供の人格を重んじ、幸福をはかるとともに、母に感謝するという趣旨で制定された国民の祝日。

そして連想するのは、鯉のぼり。

     

鯉 ( コイ )

写真は『コイ(鯉)』。

河川で撮影したもので、やはりシュノーケルとマスクを装着して水中撮影したものである。

コイは、口元にある2対の「ひげ」があることが特徴で、主に河川中流~下流の緩流域、池、沼、ダム湖の中層~底層に生息しているとされている淡水魚。

コイはBOD値の高い環境 (←つまり水質の悪い環境) に生息するので、いつか撮りたいと思っていたが、さすがに池や沼や緑色の汚い川に入るのもな・・・と考えていたところ、まあまあ綺麗でも汚くもない程度の河川で出会えたのでラッキーだった。

鯉は胃を持たない魚類の仲間。

食道から腸へと直接つながっているため、食い溜めの様なことが出来ないので、池などでエサを与えると気持ち悪いぐらいに集まってくるの。

写真の鯉は野生型のいわゆる「ノゴイ」だが、この鯉も四六時中パクパクやっていた。

     
沖縄本島の河川で撮影した 鯉 ( コイ ) の 水中写真
沖縄本島の河川で撮影した 鯉 ( コイ ) の 水中写真
     
沖縄本島の河川で撮影した 鯉 ( コイ ) の 水中写真
沖縄本島の河川で撮影した 鯉 ( コイ ) の 水中写真
     

コイの外観特徴

口に2対のヒゲがあることで区別可能。

     

コイの分布

コイ(鯉)は、関東平野、琵琶湖・淀川水系、岡山平野、高知県四万十川(野生型、ノゴイ)での観察記録がある。

     

和名 : コイ(コイ目コイ科コイ属)
学名 : Cyprinus carpio
撮影場所 : 沖縄本島
撮影水深 : -0.7m

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)