Hippocampus denise

【沖縄本島のダイビングで撮影したロングノーズピグミーシーホースの水中写真】

日曜日は肌が真っ赤に日焼けするほどのカラッとした陽射しだったが、一転して月曜日は雨が止んでも90%を超える湿度で、蒸し蒸しした一日だった。

早く暖かくなって夏になって欲しいが、湿度は上がって欲しくないという矛盾した気持ち。

そう言えば、資本論を書いたマルクスも実際は浪費家で借金まみれだったし、教育論を書いたルソーも父親になる自信がなく5人の子供を全て孤児院に預けてたっけ。

世の中、矛盾だらけだな。

そして日焼けした部分が痛い。。。

     

ロングノーズ・ピグミーシーホース

写真は、通称で「ロングノーズ・ピグミーシーホース」と呼ばれているタツノオトシゴの仲間。

正式和名は付与されていないが、学名は「Hippocampus denise」という風に付けられている。
ま、呼びにくいのでロングノーズピグミーシーホースだな。

沖縄本島・西海岸でのダイビング時に撮影したものだが、強い流れが当たる様な場所に張り付いているヤギ群に紛れてしれっとした顔で巻き付いていた。

個体数はそれほど多くないので、見る事が出来るとちょっぴり嬉しい魚の仲間。

     
沖縄本島のダイビングで撮影したロングノーズ・ピグミーシーホースの水中写真(25mm TL)
沖縄本島のダイビングで撮影したロングノーズ・ピグミーシーホースの水中写真(25mm TL)
     
沖縄本島のダイビングで撮影したロングノーズ・ピグミーシーホースの水中写真(25mm TL)
沖縄本島のダイビングで撮影したロングノーズ・ピグミーシーホースの水中写真(25mm TL)
     

和名 : –
学名 : Hippocampus denise
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -30m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)