シコンハタタテハゼ

【沖縄本島のダイビングで撮影した シコンハタタテハゼ の水中写真】

今日から8月ということで、いよいよ今年も残り5ヶ月となってきた。

子供が出来てから、あっという間に時間が過ぎて行くような・・・

多分、毎日が新しい経験で新鮮に感じているからなんだろうな。

     

シコンハタタテハゼ 通称 ヘルフリッチ

シコンハタタテハゼ は、ハゼの中でも美しく個人的に好きなハゼの一つ。

英名、学名の種小名由来で ヘルフリッチ とも呼ばれている シコンハタタテハゼ だが、個体数はそんなに多くない。

ここ最近も、恩納村にある観光スポット奥「ホーシュー」というダイビングポイントで出ているので、久々に2007年~2008年に撮影した水中写真を交えてのリライト記事。

     

(1)

沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) の 水中写真 (8cm SL)
沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) の 水中写真 (8cm SL)

体色の紫色が非常に鮮やかで綺麗なうえに、個体数もそう多くないといくことから、ダイバーやアクアリストから大人気。

     

(2)

沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) の 水中写真 (8cm SL)
沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) の 水中写真 (8cm SL)

ヘルフリッチは、潮の流れが早く、切り立った地形のそばで、水深が深い場所に生息する傾向があるのだが、進化の過程でなぜこんなカラフルな体色になってしまったのだろう。

     

(3)

沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) の 水中写真 (8cm SL)
沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) の 水中写真 (8cm SL)

ストロボの光の当たり方で、体色も少し変わった写り方をしたのか、はたまた魚類によくある興奮時とそうでない時の差なのか、飼育すればすぐに理解できるのかも知れない。

     

(4)

沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) と アケボノハゼ の 喧嘩シーン 水中写真
沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) と アケボノハゼ の 喧嘩シーン 水中写真

シコンハタタテハゼ と アケボノハゼ の喧嘩シーン。
水中で観察している限り、 アケボノハゼ は結構気が強いように見える。

そう言えば、神奈川に帰った曙関は元気にしているのだろうか。。。

この時、シコンハタタテハゼ は アケボノハゼ と何度も激しくぶつかり合っており、シコンハタタテハゼ のヒレはすっかりボロボロになっていた。

今となっては、非常にレアなシーンを見ることができたと思っている。

     

(5)

沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) の 水中写真 (8cm SL)
沖縄本島 ダイビング で撮影した シコンハタタテハゼ ( ヘルフリッチ ) の 水中写真 (8cm SL)

ヒレがボロボロになってしまった ヘルフリッチ。

このあとしばらく姿を消してしまった。

     

シコンハタタテハゼ の分布

シコンハタタテハゼ は、高知県柏島、琉球列島、小笠原諸島、中・西部太平洋に分布が確認されている。

     

和名 : シコンハタタテハゼ
学名 : Nemateleotris helfrichi
撮影日 : ①②2007年8月25日 ③2007年9月23日 ④⑤2008年4月27日
撮影場所 : 沖縄本島 西海岸
撮影水深 : - 50m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM

     
The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)