アジアコショウダイ 幼魚

スポンサーリンク

【沖縄本島のダイビングで撮影したアジアコショウダイygの水中写真】

北風の影響でグングンと気温が下がり始めた沖縄本島。
特に女性ダイバーの場合、濡れたウエットでは体温を奪われそうなので、ボートコートを着るか両面スキンに衣替えをしても良いかも知れない。
陸上については、半袖・半ズボンにビーチサンダルでもまだまだOK。
但し、夜は上に長袖を一枚羽織ったほうが良いだろう。

アジアコショウダイyg

今日の水中写真は、アジアコショウダイの幼魚。
上から若い順に並べてみたが、一枚目、二枚目あたりまでは体全体を素早くくねらせて泳ぐので、水中ではその様子が可愛く見える。
三枚目あたりまで成長すると、くねらせる事は少なくなるが、このステージもまた一見の価値あり。
小さい頃は、サンゴの根の下や、亀裂のあたりなどでよく見かけるイサキ科の仲間。

沖縄本島のダイビングで撮影したアジアコショウダイygの水中写真
アジアコショウダイyg (5cm SL)
沖縄本島のダイビングで撮影したアジアコショウダイygの水中写真
アジアコショウダイyg (7cm SL)
沖縄本島のダイビングで撮影したアジアコショウダイygの水中写真
アジアコショウダイyg (20cm SL)

アジアコショウダイygの外観特徴

白黒交互の模様が特徴的。吻端・後頭部・体側中央・尾柄、そして胸鰭付近が白く抜けている。この白い部分は成長に伴って広がっていくことが知られている。

アジアコショウダイの分布

アジアコショウダイは、小笠原諸島、八丈島、火山列島、相模湾(yg)、和歌山県白浜、高知県柏島、愛媛県愛南、鹿児島県鹿児島湾湾口・竹島・硫黄島、琉球列島、南大東島;済州島、台湾、東沙群島、西沙群島、南沙群島、インド-太平洋(ソサエティ諸島まで)からの報告がある。

アジアコショウダイの和名・学名

和名 : アジアコショウダイ(スズキ目イサキ科コショウダイ属)
学名 : Plectorhinchus picus
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)