モンコウミウシ

3連休前半は半袖・半ズボンで過ごせたほど昼間は暑かったが、最終日は入浴時に浴室暖房を思わず使用したほど急激に寒くなった。
沖縄に冬は要らんと、つくづく思う。
モンコウミウシ
写真は、『モンコウミウシ』。
体長は10~15mm程度。
水深の浅いリーフ上をゆっくりとした速度で移動しているところに出くわしました。

乳白色の体地色であり、輪郭のぼやけた紫色の斑点が背面に散らばっていることや背面の周縁を黄色く細い帯で縁取っていること、触角が褐色を帯びており鰓葉の色は触角よりやや淡色であることなどから「モンコウミウシ」となります。

モンコウミウシは、インド・西太平洋熱帯域に分布する。

和名 : モンコウミウシ
学名 : Chromodoris aspersa
撮影日 : 2014年1月12日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -1m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)