サクラテンジクダイ

今日のランチタイムに沖縄そばの動画をiPhoneで撮影してFacebookに投稿してみた。
10年前ならムービーで撮影した動画ファイルをPCに一旦保存して、動画編集ソフトで最適化してファイル形式を変換して、サーバーへUPするといった一連の作業をやっていたけれど、10年後の現在、そんな手間は必要なくなった。

今、テーブルに出てきた食べ物を撮影して、食べ始める頃には簡単なコメントも付けてアップロードも終わっているという時代。ITの発達によって、ムービーもPCも編集ソフトも有料サーバーも不要になった。付随するスキルも。

3日後の(金)にはiPhone6が発売されるが、この分野の発達スピードって本当に凄まじいと思う。
特にスティーブ・ジョブスによる、コンピュータの専門知識がない人でも簡単に使えるようにしたデジタル家電の発達は素晴らしい。

とある研究者の予測では、現在の小学生が社会に出る頃には、6割~7割の子供たちが今は存在していない職業に就いているそうな。
現在でも10年前には存在しなかったソーシャルメディアコンサルタントやマーケティングなどといった職業が出来ているように、IT化によって新たに創出される職業もあれば、逆に消滅してしまう職業もある。
特に内容が単純な作業ほど早い段階でIT化され、その分野での雇用が失われると言われている。

昭和の産業革命と一緒じゃんと思う人もいるかも知れないが、全く違う。
あの頃はモノ作りの一部だけをオートメーション化しただけだったが、今の技術では既に会計事務員、レジ打ち、店舗の販売員やツアコンなんかもIT化出来る。
近い将来に自動運転が確立すれば、先ずは電車の運転士が不要になり、次にタクシーやバス、トラックの運転手も必要がなくなる。
電車については、神戸のポートライナーなんかは随分前から無人運転で運用されている。

製品レベルで言えば、文頭で書いたiPhone。これ一つで、コンパクトデジカメ、ムービー、音楽プレーヤー、カーナビ、コンパス、スケジュール帳、時計、懐中電灯、電卓、ボイスレコーダー、小型ゲーム機などの代用になる。
そうなると従来の製品が売れなくなり、その会社は仕事が減る。
既にニコンがコンパクトデジタルカメラの分野でスマホの影響をまともに受けて、業績の下方修正を発表している。

これからもそんな例が多々出てくることは容易に予想できることなので、そんな時のためにも今の仕事以外に何か仕事を持っていたほうが良い時代になったことは間違いないと思う。

ふと、沖縄そばを食べながら考えていたことです。

サクラテンジクダイ

サクラテンジクダイ
水深-5m~-30m付近のサンゴ礁域や岩礁域に生息しており、岩穴や水中洞窟の奥深く付近に単独で潜む様にしているところを観察することができます。

この仲間は、完全に日が落ちたあとの真っ暗な時間帯に潜るナイトダイビングか、昼間でも太陽光が届かないような水中洞窟の奥の奥のほうで見かけることがあります。

サクラテンジクダイの外観特徴

体に側線がないか、あっても鰓蓋上方に数枚の側線有効鱗があるのみ。後側頭骨に顕著な刺があることなどで近似種との区別が可能。

その他

見た目でよく似ている種にクダリボウズギス属がある。属こそ異なるものの、一見するとかなり紛らわしいほど外観の似ている種がいる。

サクラテンジクダイの分布

サクラテンジクダイは、八丈島、小笠原諸島、静岡県富戸、大瀬崎、和歌山県串本、徳島県牟岐、鹿児島県志布志湾、琉球列島~インド・西太平洋(紅海を含む)での観察記録がある。

和名 : サクラテンジクダイ(スズキ目テンジクダイ科サクラテンジクダイ属)
学名 : Cercamia eremia
撮影日 : 2010年5月8日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -5m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です