オウゴンニジギンポ

スポンサーリンク

オウゴンニジギンポ

ついにクリスマス・イブ当日です。
沖縄本島はぬるい風と太陽のおかげで、半袖・半ズボンでも十分なほど暖かい一日の始まりでした。サンタクロースのコスチュームを着たら、確実に大汗をかくでしょう。
今年のサンタさんは、熱中症に注意しながらお仕事していただきたいですね。

求人先が全国40,000件以上 6ヶ月の期限付き雇用契約で都市圏の場合、月収45万円保証

オウゴンニジギンポ

オウゴンニジギンポ
オウゴンニジギンポ

今日の水中写真は、「オウゴンニジギンポ」です。
沖縄本島のダイビングで水中撮影した写真ですが、沖縄の海でビーチエントリーすると、サンゴ礁域の浅所(リーフ上やリーフので見かけることがあるイソギンポ科の魚です。
写真1枚目は、オウゴンニジギンポの成魚。写真2枚目と3枚目は、オウゴンニジギンポの幼魚となっています。

オウゴンニジギンポの生息環境

オウゴンニジギンポ 幼魚
オウゴンニジギンポ 幼魚

オウゴンニジギンポの生息環境は、先述したとおりサンゴ礁域の浅所が定番スポットです。本当に浅い場所ではリーフ上の水深1mあたりにも見かけますし、リーフが落ちていくあたりにも多く見かけます。

上の水中写真は、沖縄本島のダイビングで撮影したオウゴンニジギンポの幼魚ですが、体長3cm程度で活発に泳ぐ遊泳性の魚なので、追いかけずにある程度のクセを掴んで深く観察してみると水中撮影はそう難しくないと思います。
それにしても幼魚は可愛いですね。
このステージでは、やや頭でっかちな感じがアンバランスで、ついつい撮影してしまいます。

オウゴンニジギンポの外観特徴と見分け方

オウゴンニジギンポ 幼魚
オウゴンニジギンポ 幼魚

イナセギンポににて解説済みですが、オウゴンニジギンポは、眼を通り背鰭起部に達する1黒色縦帯があることが、もっとも分かりやすい見分け方となります。
その他、背鰭は4~6棘22~28軟条であることや、下顎の犬歯が著しく大きく、毒腺を持つこと。

オウゴンニジギンポの生息分布

オウゴンニジギンポの生息分布については、下記の通りです。
八丈島、静岡県富戸、和歌山県白浜・串本、高知県柏島、屋久島、琉球列島;台湾南部、西-中央太平洋の熱帯域

オウゴンニジギンポの和名・学名

和名 : オウゴンニジギンポ ( イソギンポ科 / ヒゲニジギンポ科 )
学名 : Meiacanthus atrodorsalis
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -8m付近


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)