オオクチリュウグウウミウシ

スポンサーリンク

オオクチリュウグウウミウシ

娘たちの新しい習い事に関連するモノをネットで探していたのですが、行き着いたお店が楽天にも出店していたので、たまたま開催中の楽天スーパーセールで購入。
沖縄ではほとんど販売されていない(というか見たことがない)ので、探すのにちょっと苦労したけど無事に注文できて良かった。

何よりも部屋からの眺めが最高&すべての部屋がオーシャンビュー 《アラマハイナ コンドホテル》

アラマハイナ コンドホテル

オオクチリュウグウウミウシ

オオクチリュウグウウミウシ
オオクチリュウグウウミウシ

今日の水中写真は、「 オオクチリュウグウウミウシ 」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「レッドビーチ(沖縄県金武町)」でスキューバ・ダイビング中に水中撮影したものです。
本州のウミウシでは、”ニシキリュウグウウミウシ属の1種 3”として掲載されているウミウシですね。
このウミウシを紹介している図鑑やサイトでは、体地色が黄色の個体を掲載していることが多いのですが、私自身は地味な黄緑色の個体しか出会ったことがありませんので、黄色い個体に是非会いたい。

「 オオクチリュウグウウミウシ の外観・特徴」について

オオクチリュウグウウミウシ の外観・特徴は、以下の通りです。
・体地色は黄色から黄緑色
・頭部前縁から外套膜の周縁は、藍色や紺青の細線で縁取られ、この細線は鰓の後部で繋がり、一本の線となって尾部正中線上の後端まで続く
・背面を複数の紺色や紺青の細線が縦走する
・体側面に紺色や紺青色の斑紋が散布する
・触角および鰓も紺色や紺青色
・触角直後の外套膜に淡い藍色のシミ状斑がある

「 オオクチリュウグウウミウシ の生息環境」について

沖縄本島のダイビングでは、東海岸(レッドビーチ)で、オオクチリュウグウウミウシを時折見かけることがあります。

「 オオクチリュウグウウミウシ の生息分布」について

オオクチリュウグウウミウシ の生息分布については、以下の通りです。
伊豆半島以南、九州、琉球列島、済州島

「 オオクチリュウグウウミウシ の和名および学名」について

オオクチリュウグウウミウシ の和名および学名については、以下の通りです。
和名 : オオクチリュウグウウミウシ ニシキリュウグウウミウシ属の1種
学名 : Tyrannodoris sp. Tambja sp.


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)