オレンジウミコチョウ

スポンサーリンク

オレンジウミコチョウ

昨日の沖縄県では新規感染者が15人でした。その中の60代男性は8月に罹患歴があり、今回は再感染となったようです。やはり、抗体は6か月程度で消滅してしまうという医薬品メーカーの発表は真実のようです。
ということは、ワクチンを半年に一度打っておけば、重症化する確率を減らせるということなのかな。

メール便送料無料 宮古島で島らっきょうを育てて60年 久子おばぁからお試し便1000円ポッキリ

オレンジウミコチョウ について

オレンジウミコチョウ
オレンジウミコチョウ

今日の水中写真は、「 オレンジウミコチョウ 」。
沖縄本島の砂辺海岸(北谷町)や真栄田岬(恩納村)といったダイビングポイントで潜っている際に出会ったウミウシの仲間で、MAXまで成長しても10mm程度というミニサイズなウミウシの仲間です。
個人的には季節を問わず出会っているように思えますが、魚類と同じで何らかの要因によってまったく見なくなったり、年によっては普通種になったりするのではないかと思っています。
それにしても、横から見たオレンジウミコチョウは、お風呂に浮かべるアヒルのオモチャを連想させますね。

オレンジウミコチョウ の外観特徴について

オレンジウミコチョウ の特徴は
・体地色は透明で、不透明な黄色の細点が散布されることで黄色く見えること
・クロフチウミコチョウに似ていますが、本種の側足縁や水管様突起、内臓嚢後部の突起は暗褐色であること
・内臓嚢は、クロフチウミコチョウと比べて細長い
・左右の側足は内臓嚢の上で接する個体もあれば、離れている個体もいるようです

オレンジウミコチョウ の生息環境について

オレンジウミコチョウ は、岩礁上や岩礁の壁面、死サンゴ礫間などからの報告が多いようです。

オレンジウミコチョウ の生息分布について

オレンジウミコチョウ の生息分布は、西太平洋熱帯域。

オレンジウミコチョウ の和名・学名について

オレンジウミコチョウ の和名および学名は以下の通りです。
和名 : オレンジウミコチョウ
学名 : Siphopteron brunneomarginatum

オレンジウミコチョウ で参考にさせて頂いたサイト


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。
ダイビングクラブ アクアギフト