キンゴマイロウミウシ

沖縄県から緊急事態宣言の要請を行いましたが、酒類提供については見送ったそうなので事実上何も変わらないような気がします。学校によっては、沖縄への修学旅行が中止になるぐらいでしょうか🤔
我が家への影響は、未就学児の子供の遠足が中止になったぐらいですが、やはりがっかりしていましたね。
最初から分かっていましたが、票を得るために辺野古反対を利用してきた歴代の沖縄県知事は、共通して無策なんですよね。

スポンサーリンク

キンゴマイロウミウシ

キンゴマイロウミウシの水中写真

キンゴマイロウミウシ
キンゴマイロウミウシ

今日の水中写真は、「キンゴマイロウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「真栄田岬(沖縄県中頭郡恩納村真栄田)」で水中撮影をしたものです。

沖縄のウミウシ – 沖縄本島から八重山諸島まで –」では、グロッソドーリス・トムスミスイ (Glossodoris tomsmithi)として掲載されているウミウシですね。
現在は、属する場所が Glossodoris から Ardeadoris に移ったということでしょう。

それにしても「きんごま」とはナイスなネーミングだと思います。
ミツカンの「金のごまだれ」が連想しました。
実際に黒ごま・白ごま同様に金ごまという種類があるそうで、種皮が金色で大粒なのだそうです。
ミツカンのお客様相談センターのQAにそのように記載されていましたw😆

キンゴマイロウミウシの外観特徴について

キンゴマイロウミウシの外観特徴は、以下の通りです。
・背面はやや褐色で、白色から灰黄色の小さな斑紋がやや密に散布している
・背面縁のもっとも外側は白色。微かに褐色を帯びる個体もいる
・背面周縁は、著しく波打つ
・触角は灰褐色で、前後に白色縦線が入る
・二次鰓は青黒色

キンゴマイロウミウシ
キンゴマイロウミウシ

キンゴマイロウミウシの生息環境について

キンゴマイロウミウシは、冬季から初夏にかけて外洋に面した岩礁域浅所で、やや稀に見られるとされています。

キンゴマイロウミウシの生息分布について

キンゴマイロウミウシは、ハワイ、マーシャル諸島、小笠原諸島、沖縄諸島に分布する。

キンゴマイロウミウシの和名・学名について

キンゴマイロウミウシの和名および学名については、以下の通りです。
和名 : キンゴマイロウミウシ
学名 : Ardeadoris tomsmithi

水中写真ギャラリー

キンゴマイロウミウシの水中写真ギャラリー


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)