クサギンポ

沖縄の新型コロナも落ち着きを見せており、四連休の影響が出ると言われている10月上旬以降も同じようであれば、やや安心できるのかなと思っています。

Go To トラベルに東京都も加わったことで様々なキャンペーンが行われていますが、セールやクーポンが得意な楽天トラベルはやはり秀逸ですね。
色々な業者サイトを見ましたが、楽天トラベルの場合は、GoToに加えて先着2000名限定の「東京都民限定クーポン」や、トラベル以外でも使える楽天ポイントのバックなどを考えると、かなりお得感があるように見えます。
クーポンは、リンク先「楽天トラベル」の下の方に置かれています。

スポンサーリンク

クサギンポについて

クサギンポ
クサギンポ

今日の水中写真は、「クサギンポ」。
沖縄本島のタイドプールにて水中観察が可能なヘビギンポ科の仲間です。
 

クサギンポの生息環境について

クサギンポ / 沖縄本島のタイドプール・干潟で撮影した水中写真
クサギンポ / 沖縄本島のタイドプール・干潟で撮影した水中写真

クサギンポは、サンゴ礁の潮間帯や潮だまりを好んで生息しているようです。
魚のくせに(?)まったく泳がないクサギンポ。
水中での移動は、写真一枚目のように鯱のごとく体を反らせ、海底から海底へと小さく飛び跳ねながら移動を行います。

性格としては、タイドプールに入ってきた人間に対してさほど物怖じせず、むしろ興味津々で近づいてきては離れてを繰り返すので、ジャンプする瞬間を捉えるチャンスは何度でも訪れます。

但し、どの方向に向かって飛び跳ねるのかという点は予測不可能なので、置きピンで捨てカットを何枚も量産するような撮影方法になると思います。
あとはタイドプール独特の事情として、晴れたり曇ったりするたびに水中の明るさが大きく変わるので、目をつぶってでも設定を変更できるようにしておくことが必要な条件でしょうか。
 

クサギンポの外観特徴や見分け方について

沖縄本島のタイドプールで撮影した「クサギンポ」の水中写真
沖縄本島のタイドプールで撮影した「クサギンポ」の水中写真

クサギンポの見分け方としては、第一背鰭は第二背鰭より低いという点。下あごの感覚管孔数は3+1+3。
肉眼で感覚管孔数を確認できる人は居ないと思いますので、草色のギンポという程度で良いかと思います。

雌雄差はあります。特に鰭の色に雌雄差が顕著で、雄は全鰭が暗色に近く、雌は淡色となります。
 

クサギンポの生息地について

クサギンポはユニークな表情もチャームポイント
クサギンポはユニークな表情もチャームポイント

クサギンポの生息地については、和歌山県串本、屋久島、種子島、与論島、伊江島、西表島、台湾南部、インド-西太平洋(マスカレン諸島以東)、カロリン諸島、マーシャル諸島、ギルバート諸島からの報告があります。
 

クサギンポの和名・学名について

シャチホコの様な動きが特徴の クサギンポ
シャチホコの様な動きが特徴の クサギンポ

和名 : クサギンポ (スズキ目 / ヘビギンポ科 / ヘビギンポ属 )
学名 : Enneapterygius philippinus

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に掲載。
沖縄料理、沖縄移住、子育てについても

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)