クロシオイロウミウシ

沖縄地方の週末は天候に恵まれ、最高気温も26℃近くまで上がったことから、夏の装いで過ごすことができました。ちなみに、木々の多い場所ではまだセミが鳴いています。

そんな好天に恵まれた週末は、ダイバー仲間ファミリーとコテージを一棟借り切って思いっきり遊んできました😊
GoToトラベルキャンペーンは使えますね。地域共通クーポンも使い切ってきました。

スポンサーリンク

クロシオイロウミウシ

沖縄本島のダイビングで撮影した「クロシオイロウミウシ」の水中写真
クロシオイロウミウシ

今日の水中写真は、「クロシオイロウミウシ」です。
少し前まで”コモンウミウシ属の1種”でしたが、新たな和名が付いたウミウシの仲間です。

背面中央付近でコブの様なものがあり、模様が乱れているので興味深いウミウシだなと思って撮影したものです。
体長は40mm程度。
 

クロシオイロウミウシの外観特徴と見分け方

沖縄本島のダイビングで撮影した「クロシオイロウミウシ」の水中写真
クロシオイロウミウシ

クロシオイロウミウシの外観特徴から見た見分け方は下記の通りです。

・体地色は白色であること
・最も外周縁から、白色・黄色・白色の順で、さらに内側は水色であること
・水色の範囲に濃青色の縦線が3本走ること
・触角と鰓は橙色
 

クロシオイロウミウシの分布

クロシオイロウミウシの分布については、分かっていません。判明次第、リライトしたいと思います。
 

クロシオイロウミウシの和名と学名

クロシオイロウミウシの和名および学名は下記の通りです。

和名 : クロシオイロウミウシ
学名 : Chromodoris sp.3
撮影場所 : 沖縄本島 西海岸 (真栄田岬)
撮影水深 : -7m
 

まとめ

まだまだ新しく和名が付与されたりするウミウシもたくさん居ると思いますので、今後も撮りまくるしかないですね。
 

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に掲載。
沖縄料理、沖縄移住、子育てについても

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)