コモンウミウシ

スポンサーリンク

コモンウミウシ

この週末はキャンピングカーの展示を含むイベントに立ち寄ってきたのですが、やはりハイエースのスーパーロング&ハイルーフにマックスファンが付くとデカいですね。
ショッピングモールなど立体駐車場は勿論入れないし、アルファードより天井の洗車がさらに大変になりそうです。
しかし子供たちの喜ぶ顔を見ていると、買いたくなってきます。800万・・・

5倍に膨らむ海ぶどう1000円ポッキリ メール便送料無料

コモンウミウシ について

コモンウミウシ
コモンウミウシ

今日の水中写真は「コモンウミウシ」です。
いずれも沖縄本島の真栄田岬とレッドビーチでダイビングの際に水中撮影したものですが、「 モンコウミウシ 」と和名が似ていて間違えそうな気持になるウミウシでもあります。
「小さな斑紋」が和名の由来でしょうか。
コモンウミウシの水中写真を見ていると、体高が低く平べったいウミウシだなと改めて感じます。

昨日の「 ユウグレイロウミウシ 」もそうでしたが、Chromodoris属から変更された種が散見されるので過去の投稿もアップデートしていかなければならないな。
 

コモンウミウシ の外観特徴について

コモンウミウシ
コモンウミウシ

コモンウミウシ の特徴は以下の通りです。
・背面は白色で、淡い黄色の斑点が密に散布し、所々にシミ状の暗色部がある
・背面の周縁には紺色の楕円形斑が並ぶ
・触角と鰓葉は淡い褐色(ヒメコモンウミウシは鰓葉だけ体地色)
 

コモンウミウシ の生息環境について

コモンウミウシ
コモンウミウシ

コモンウミウシ の生息する環境については以下の通りです。
潮通しの良い環境と波静かな内湾的環境のどちらにも適応していると思われます。出会うのはいつも砂地です。
 

コモンウミウシ の生息分布について

コモンウミウシ
コモンウミウシ

コモンウミウシ の生息分布については以下の通りです。
・インド、西太平洋
 

コモンウミウシ の和名・学名について

コモンウミウシ
コモンウミウシ

和名 : コモンウミウシ
学名 : Goniobranchus aureopurpureus Chromodoris aureopurpureus
 

参考にさせていただいたサイト

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)