コンシボリガイ

週末の沖縄本島は朝から雨天でしたが徐々に持ち直し、半袖半ズボンで汗をかくほど暑い小夏日和でした。
あと2週間もすれば海開きも始まります😊

スポンサーリンク

沖縄本島のダイビングで撮影した「コンシボリガイ」の水中写真

満足度の高い高品質なおもてなし ハイアットリージェンシー那覇沖縄 国際通り入ってすぐ 壺屋やちむん通り隣

満足度の高い高品質なおもてなし ハイアットリージェンシー那覇沖縄


コンシボリガイ の水中写真

コンシボリガイ
コンシボリガイ

今日の水中写真は、「コンシボリガイ」です。
沖縄本島の恩納村西海岸側にある、真栄田岬でダイビング中に水中撮影をした水中写真、沖縄本島の金武町東海岸側にあるレッドビーチで水中撮影をした水中写真が混ざり合っています。

進化の過程で貝殻が残っている数少ないウミウシと言いたいところですが、ウミウシの仲間から除外されているので、厳密には異なると思いますが、当サイトのカテゴライズでは”ウミウシ”に入れています。

物凄く綺麗な海の生き物なので、スキューバ・ダイビングや磯遊びの過程で、ウミウシを好きになった方の中には、絶対見てみたいという方も多いようで、人気ランキングでも上位にいるコンシボリガイ。
コンシボリガイは貝殻(外殻)を持っていますが、貝殻の中に体(軟体部)を入れることは出来ないようです。

コンシボリガイ の外観特徴について

コンシボリガイ
コンシボリガイ

コンシボリガイの特徴は以下の通りです。
・軟体部は半透明で、白色の斑紋が全体に散布しています
・腹足の縁は、青みの強い個体と黄色みの強い個体が存在しています
・貝殻の表面には、黒褐色の螺帯が3本走っており、その螺帯の間には弓状の縦帯が走っている
 

コンシボリガイ の生息環境について

コンシボリガイ
コンシボリガイ

コンシボリガイ の生息環境については、以下の通りです。
春~初夏にかけて、岩礁域や砂泥底の水深5mより浅い場所で見かけます。
 

コンシボリガイ の生息分布について

コンシボリガイ
コンシボリガイ

コンシボリガイ の生息分布については、以下の通りです。
・インド・西太平洋および大西洋の熱帯域
 

コンシボリガイ の和名・学名について

コンシボリガイ
コンシボリガイ

コンシボリガイ の和名および学名は、以下の通りです。

・和名 : コンシボリガイ
・学名 : Micromelo undatus (Micromelo undata)
 

参照にさせて頂いたサイト

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)