シモフリカメサンウミウシ

スポンサーリンク

シモフリカメサンウミウシ

我が家の初詣は本日。今年は人が少ない場所という点が重要なポイントだったので、子連れでも安心して詣でを行うことができる場所をリサーチして伸び伸びと初詣を済ませてきました。
また、日中は太陽も出ていたので南国沖縄らしく一気に暑くなり、服装も半袖で過ごすことができる快適さだったので助かりました。

医療業界や介護業界では、年末年始に関係なく責務を全うされていた方も多いと思いますが、介護業界に転職した友人が下記サイトで理想に近い職場に出会ったそうで、体力的にとても楽になったと話していました。
アクセスすると簡単なチャット形式で、希望の場所を尋ねられるので選択するだけで色々と出てきてサイトも見やすかったです。興味のある方は覗いてみるのも面白いかも知れませんね。


≪未経験・初心者求人も多数!≫ 介護求人ならやっぱりカイゴジョブ

本日は干支である「牛」と縁起の良い「亀」を併せ持った生物を紹介します。

シモフリカメサンウミウシについて

シモフリカメサンウミウシ
シモフリカメサンウミウシ

今日の水中写真は、「シモフリカメサンウミウシ」というウミウシです。
すごい名前ですよね。
「カメさん」という名前の通り、背面の模様がウミガメのように見えるので、このような名前が付いたと聞いたことがあったような、なかったような。
冬季から春季にかけてわりと普通に見ることができる可愛いウミウシだと思います。
 

シモフリカメサンウミウシの外観特徴と見分け方について

シモフリカメサンウミウシ
シモフリカメサンウミウシ

シモフリカメサンウミウシの外観特徴と見分け方は以下の通りです。

・体地色は青緑色。稀に黄色味を帯びた個体もみられる
※温帯域では、ほぼ白色の個体もみられる
・外套膜上の触角から鰓に至る部分には、黒色線と黄色線により独特の模様が形成される
・触角と鰓は、黄色味を帯びた白色
・外套膜上全域に白色の小突起が散在している
 

シモフリカメサンウミウシの生息環境について

シモフリカメサンウミウシ
シモフリカメサンウミウシ

シモフリカメサンウミウシの生息環境については、以下の通りです。

割りと潮通しの良いサンゴ礁域から岩礁域
 

シモフリカメサンウミウシの生息分布について

シモフリカメサンウミウシの生息分布は以下の通りです。
西太平洋全域
 

シモフリカメサンウミウシの和名・学名について

シモフリカメサンウミウシ
シモフリカメサンウミウシ

シモフリカメサンウミウシの和名および学名は以下の通りです。

和名 : シモフリカメサンウミウシ
学名 : Aldisa albatrossae
 

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)