シャクトリミドリガイ

スポンサーリンク

シャクトリミドリガイ

緊急事態宣言が解除されたら、営業を再開する飲食店も増えてくるので楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
オリオンビールを飲みながらラフテーとか最高ですね。
ラフテーといえば、那覇市にある有名店居酒屋 山将のラフテーはこれまで食べた中で3本の指に入る味だと思います。
余分な脂が落ちていてトロける食感が良いですね。芸能人もチラホラ見かけるお店です。

シャクトリミドリガイについて

シャクトリミドリガイ
シャクトリミドリガイ

今日の水中写真は、「 シャクトリミドリガイ 」。
沖縄本島の西海岸(北谷町砂辺)のビーチダイビング中に水中撮影をしたものですが、シャクトリミドリガイは、尺取虫のように移動する動作が和名の由来となっています。
サイズは成長しても10mmに満たない小型種なので、水中撮影中は尺取虫のような動作で移動する米粒を狙っているような気持になります。昔のデジカメでいえば、クローズアップレンズの二枚重ねが必要な相手と言えます。

シャクトリミドリガイの外観特徴について

シャクトリミドリガイの体地色は、緑色から褐色。
体および触角は太く短い。
背面の側足前縁は暗色で、体表にはごく小さな白色点がわずかに散在しています。
触角基部近くに不明瞭な暗色の輪が確認できます。

シャクトリミドリガイ の生息環境について

シャクトリミドリガイ は、サンゴ礁の浅所でやや稀に見られるとされている通り、サイズが小さいうえにガレと砂が混じったような場所を移動しているので、目に付きにくいところはあるかと思います。

シャクトリミドリガイ の生息分布について

シャクトリミドリガイの生息分布については、琉球列島が知られているようです。

シャクトリミドリガイ の和名・学名について

和名 : シャクトリミドリガイ
学名 : Elysia sp.


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)