シライトウミウシ

スポンサーリンク

沖縄の近況

南国リゾート沖縄ですが、曇天が続いた影響もあって半袖半ズボンでは肌寒く感じる季節になってきました。朝晩は長袖の羽織れるものが一枚あれば心強いと思いますが、14日以降は晴れが続き、26℃、27℃、28℃と上がっていき、木曜には29℃まで達する予報になっています。

沖縄県では新型コロナウイルスの新規感染者数と、RSウイルス感染症が急増しています。
特にRSウイルス感染症は、生後数週間から数か月の乳幼児が重症化する恐れがあるとされているので、0歳児がいる子連れで沖縄旅行や沖縄観光に来られるご家族は手洗い消毒をおすすめします。
 

沖縄本島 読谷村《 ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ 》期間限定 温水プール付き Go Toトラベル対象

シライトウミウシ

シライトウミウシ 沖縄本島のダイビングで撮影した「シライトウミウシ」の水中写真
シライトウミウシ

今日の水中写真は、シライトウミウシです。
外周縁の黄色味が薄れているので、色が出ていない水中写真のように見えますが、シライトウミウシでは色彩変異の範囲内であり、このようにシライトウミウシの淡い色彩型は、ペイル・フォーム(Pale Form)と呼ばれています。
同属のウミウシではアンナウミウシにも同じ現象が見られています。
 

沖縄ダイビング 憧れのケラマ・チービシ特集

沖縄ダイビング 憧れのケラマ・チービシ特集

シライトウミウシの外観特徴と見分け方

シライトウミウシの外観から分かる特徴と見分け方は下記の通りです。

・やや幅広の背面には太い黒色線が3本入り、その間にうっすらと黒い細線の入る個体もある
・黒色線で囲まれた部分は青色
・背面の周縁と触角、鰓は橙黄色から無色に近い黄色まで連動して変化する
・成長すると体長は60mm近くまで達する
 

シライトウミウシの分布

シライトウミウシは、西太平洋熱帯域に分布するとされてます。

冬季から夏季にかけて、岩礁域やガレ場の中深度で見られる普通種のウミウシでもあります。
 

シライトウミウシの和名・学名

シライトウミウシの和名および学名については下記の通りです。

和名 : シライトウミウシ
学名 : Chromodoris magnifica
撮影地 : 沖縄本島 西海岸ビーチ
 

まとめ

シライトウミウシに近似した外観のウミウシも多いので、膨大な撮影データに眠っていないか探しつつ、今後も沖縄本島のダイビングで水中撮影を継続していければと思います。
 

GoToトラベル キャンペーン 沖縄本島フリープラン

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に掲載。
沖縄料理、沖縄移住、子育てについても

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)