シラナミイロウミウシ

台風2号スリゲが発生しました。直撃はなさそうですが、最接近とその前後では波高が上がるでしょうね。
もし沖縄旅行を予定している場合でも、大きな影響はないと思います。

2020年開業【北谷温泉レクー沖縄北谷スパ&リゾート】天然温泉・18歳以下添い寝無料

※ 北谷町は、まん延防止等重点措置対象地域ではありません
北谷温泉レクー沖縄北谷スパ&リゾート


スポンサーリンク

シラナミイロウミウシ

「シラナミイロウミウシ」について

シラナミイロウミウシ
シラナミイロウミウシ

今日の水中写真は、「シラナミイロウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「真栄田岬(沖縄県中頭郡恩納村真栄田)」、「砂辺海岸(沖縄県中頭郡北谷町宮城」、「レッドビーチ(沖縄県金武町金武)」にて水中撮影したウミウシの仲間です。
シラナミイロウミウシ は、そこそこのサイズがあるウミウシですが、移動する際に外套膜の周縁を上下に振りながら移動する様子が印象に残ります。

「シラナミイロウミウシ の外観特徴」について

シラナミイロウミウシ の外観特徴については、以下の通りです。
・体地色は黄白色
・触角から二次鰓にかけて、波型の細い暗紫色線で囲まれた暗色域がある
・暗色域の周囲に小斑紋を持つ個体と、斑紋を持たない個体が存在する
・触角と二次鰓は黄緑色で、二次鰓の軸は淡色となる

「シラナミイロウミウシ の生息環境」について

シラナミイロウミウシ は冬季から初夏にかけて環境を選ばず、やや普通に見られるとされています。

「シラナミイロウミウシ の生息分布」について

沖縄のウミウシによると、シラナミイロウミウシ は、西太平洋熱帯域に分布すると記載されています。

「シラナミイロウミウシ の和名・学名」について

シラナミイロウミウシ の和名および学名は、以下の通りです。
和名 : シラナミイロウミウシ
学名 : Goniobranchus coi  Chromodoris coi

外套膜の周縁を動かすウミウシ

移動する時がシャッターチャンス

冒頭にも書きましたが、シラナミイロウミウシ が移動する時は、外套膜の周縁をバタバタと動かします。
この様子は結構興味深く、何のために動かしているのだろうと考えてしまうのですが、普段は見ることができないウミウシの裏側を撮影できるチャンスなので、是非撮影してみてください。


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。
ダイビングクラブ アクアギフト