シロウサギウミウシ

最近、別サイトを立ち上げることにリソースを振り分けているので、パソコンの前に座っている時間が長くなっています。

打鍵感の良いThinkPadが扱いやすくて効率よく作業が進んでいます。(^▽^)
シロウサギウミウシ
シロウサギウミウシ

今日の水中写真は、「シロウサギウミウシ」です。

見つけるには餌場と思われる場所を、いわゆる「畳一畳ダイビング」でじっくりと探していると見つかります。そういうダイビングをしている時、稀に幻覚のようなものが見えてきて、何か珍しい生物に見えることがあるので、やりすぎに注意しましょう。

体の地色は白色やピンク色とされているのですが、今のところ白色以外に出会ったことがありません。うっすらとしたピンク色なら撮影してみたいなとは思います。
 

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISHもオススメしたいウミウシ図鑑の最新版

新版 ウミウシ: 特徴がひと目でわかる図解付き

ウミウシ・ファンの裾野を広げるべく、同定の決め手となるポイントを全てイラストで解説したウミウシ図鑑。
ウミウシを美しく撮影するテクニック、ウミウシを上手に探すコツなど、実践で使える実用書であり、美しいウミウシの魅力が伝わる写真の数々や歴史的な絵画も紹介。慶良間諸島と八丈島をメインに北海道、本州、沖縄まで日本で見られるウミウシ、変異、spなどを含め1260種を収録した決定版の書籍です。
沖縄本島のダイビングで撮影したシロウサギウミウシの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したシロウサギウミウシの水中写真

シロウサギウミウシと自分の指を比べて撮影してみました。
大きさは、2mm~3mmといった程度でしょうか。

老眼にはツライ場面です(^^;

最近、度付きレンズのマスクも価格破壊が進んだのか、以前は一万円前後が相場でしたが、かなり安くなりましたね。
購入の際に度数を伝えると、そのレンズをはめ込んで送ってくれるそうです。
 

和名 : シロウサギウミウシ
学名 : Noumea simplex

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に掲載。
沖縄料理、沖縄移住、子育てについても

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)