シロタエイロウミウシ

歳を取ると睡眠時間が短くなると聞かされてきましたが、いまだにそんな気配がなく、翌朝の予定がなければ昼前までぐっすりと睡眠できる体質です。
今日も観光客やレンタカーを多く見かけ、昨年同時期に比べると盛り返してきている事を肌で感じます。
国際通りは閉店した店舗がある一方で、新規にオープンする店舗も多いので、どんなお店ができるのだろうと毎日楽しみながら見ています。

目の前には贅沢な天然ビーチ【ベストウェスタン沖縄恩納ビーチ】

※ 恩納村は、まん延防止等重点措置対象地域ではありません
海やプールへのアクセス優先なら1F、オーシャンビューなら3Fがオススメ【ベストウェスタン沖縄恩納ビーチ】


スポンサーリンク

シロタエイロウミウシ

シロタエイロウミウシの水中写真

シロタエイロウミウシ
シロタエイロウミウシ

今日の水中写真は、「シロタエイロウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「残波岬(沖縄県読谷村宇座)」で撮影したものです。
よくよく見ると背面周縁部と触角、二次鰓が僅かに黄色みを帯びており、そこが同定ポイントになりますが、ほぼ白一色の個体もいるので、その時は似たようなウミウシをサーチにかけて判別することになりそうです。
背面周縁部の微かな黄色みを見ると、子供が白い食器でカレーライスを食べたあとの色移りした光景と重なります。

シロタエイロウミウシの外観特徴について

シロタエイロウミウシの外観特徴については、以下の通りです。
・体地色は透明感をおびた白色だが、やや黄色味をおびた個体も確認されている
・背面周縁は波打ち、かすかに黄色になるが、ほぼ白一色の個体も確認されている
・背面には触角前方から二次鰓後部にかけて白色の斑紋が3つあるが、これらが繋がる個体も確認されている
・触角は白色だが、わずかに黄色味をおびる個体も確認されている
・二次鰓も白色だが、わずかに黄色味をおびる個体も確認されている

シロタエイロウミウシ
シロタエイロウミウシ

シロタエイロウミウシの生息環境について

シロタエイロウミウシは、冬季から夏季にかけて環境を問わず、やや稀に見られるとされています。

シロタエイロウミウシの生息分布について

沖縄のウミウシによると、シロタエイロウミウシの生息分布については、インド洋・西太平洋熱帯域。

シロタエイロウミウシの和名・学名について

シロタエイロウミウシの和名および学名については、以下の通りです。
和名 : シロタエイロウミウシ
学名 : Glossodoris buko

シロタエイロウミウシ
シロタエイロウミウシ

水中写真ギャラリー

シロタエイロウミウシの水中写真ギャラリー


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)