ジュッテンイロウミウシ

昨日は子供たちに希望を聞いたところ、全員一致で公園に行きたいということで、東京オリンピックの聖火リレーが行われている糸満平和祈念公園のだだっ広い敷地にある遊具で遊ばせてきました。
ここは遊具が豊富で、低い月齢の幼児から小学校高学年ぐらいまでカバーしているので、親としても連れて行きやすいと感じている方が多いのではないでしょうか。
コロナ禍のゴールデンウイークということもあってか、駐車場に停めきれないほど多くの人が集まっており、テントを設営して泊っている本格的なキャンパーもたくさんいて賑やかでした。
沖縄本島の北部に向かう方も多く、許田ICは例年のGW同様に大渋滞していたようですし、皆が感染に注意しながら上手く遊ぶことができれば良いですね。

スポンサーリンク

保存版 感動の絶景!沖縄のオーシャンビューホテル30選

保存版 感動の絶景!沖縄のオーシャンビューホテル30選


ジュッテンイロウミウシ

ジュッテンイロウミウシの水中写真

ジュッテンイロウミウシ
ジュッテンイロウミウシ

今日の水中写真は、「 ジュッテンイロウミウシ 」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「真栄田岬(沖縄県中頭郡恩納村真栄田)」で撮影したものです。
頭部の前縁と後部がパープルになり、まるでラメを散らしたようで綺麗なので、個人的に好きなウミウシの一つです。

ジュッテンイロウミウシの外観特徴について

ジュッテンイロウミウシの外観特徴は、以下の通りです。
・背面は半透明で、薄紫色をおびる
・頭部の縁と背面後部は濃い紫色になる場合が多い
・触角前方から背面後部にかけて白色細線が2本入るが、前部と後部で途切れて不明瞭になる
・この白色縦線の外側にも赤色細点が並ぶ
・触角には橙色の輪が1つある
・二次鰓も中ほどが橙色に染まる
※ハナイロウミウシに似るが、本種は頭部前縁が橙色になることはない

ジュッテンイロウミウシの生息環境について

沖縄のウミウシによると、ジュッテンイロウミウシは、サンゴ礁域、浅所のガレ場などでやや稀に見られると記載されています。

ジュッテンイロウミウシの生息分布について

ジュッテンイロウミウシの生息分布については、インド洋、西太平洋。

ジュッテンイロウミウシの和名・学名について

ジュッテンイロウミウシの和名および学名は、以下の通りです。
和名 : ジュッテンイロウミウシ
学名 : Thorunna australis

水中写真ギャラリー

ジュッテンイロウミウシの水中写真ギャラリー

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)