ゾウゲイロウミウシ

今朝のゆいレールを見ていましたが、いつも通り普通に混雑していました😀
波照間島や西表島方面は、観光客が多く来ているそうなので、沖縄県全体で飲食店の閉店時間が変わる程度で終わるのかも知れません。そうなると、公園や海沿いに場所を移して飲む人が増えそうな気もします。
気温も25℃から27℃とほど良い気候のご当地です。

ホテルの中にあるホテル「パレスインムーンビーチ」沖縄旅行をリーズナブルに

※ 恩納村は、まん延防止等重点措置対象地域ではありません
ホテルの中にあるホテル「パレスインムーンビーチ」


スポンサーリンク

ゾウゲイロウミウシ

「ゾウゲイロウミウシ」について

ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullockii
ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullockii

今日の水中写真は、「ゾウゲイロウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイントで知られる砂辺海岸、真栄田岬、残波岬、万座毛などで水中撮影したものです。
背面の周縁を囲むひと際明るい白色の線が綺麗ですね。まるでボディ全体を柔らかい半透明のゼリーが包んでいるようにも見えます。

「ゾウゲイロウミウシ の外観特徴」について

ゾウゲイロウミウシの外観特徴については、以下の通りです。
・体地色は、象牙色から薄紫色
・背面周縁は、細い白色線で縁取られる
・触角と二次鰓については、地域変異があり、沖縄では基部が紫色でその先は黄色くなることが多い

「ゾウゲイロウミウシ の生息環境」について

沖縄のウミウシによると、ゾウゲイロウミウシは冬季から夏季にかけて、やや内湾域に見られる普通種とありますが、私の場合は逆に内湾的な環境では出会ったことがなく、どちらかというと潮通しの良いサンゴ礁域で多く見かけます。

「ゾウゲイロウミウシ の生息分布」について

ゾウゲイロウミウシは、インド洋東部・西太平洋熱帯域に分布。

「ゾウゲイロウミウシ の和名・学名」について

ゾウゲイロウミウシ の和名および学名は、以下の通りです。
和名 : ゾウゲイロウミウシ
学名 : Hypselodoris bullockii

ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullockii
ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullockii

ゾウゲイロウミウシ のサイズについて

「ゾウゲイロウミウシ」と指を比較

ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullockii
ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullockii

ゾウゲイロウミウシ は、それほど大型のウミウシではありませんが、指と比較して分かる通りそれなりの大きさがあります。

「ゾウゲイロウミウシ」とハゼを比較

ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullockii
ゾウゲイロウミウシ Hypselodoris bullockii

小型のハゼも、ゾウゲイロウミウシが近づいてきた程度では微動だにしません。

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)