ダイアナウミウシ

スポンサーリンク

ダイアナウミウシ

今日は節分👹
2月2日が節分になるのは、明治30年以来124年ぶりとなるそうです。次は、2025年に再び2月2日が節分になるようなので楽しみですね。
我が家は世の中の多くのご家庭と同様に、子供を主役に家族皆で豆まきを楽しみました😊

ダイアナウミウシ について

ダイアナウミウシ
ダイアナウミウシ

今日の水中写真は、「ダイアナウミウシ」です。
ウミウシ図鑑を見ていると、環境や季節を問わず、やや稀に見られると紹介されています。
それにしても、和名・学名が安定して変わっていない種を見ると、何となく安心感のようなものを感じるこの頃です。
「トギレフタスジイロウミウシ」は、異名。

ビジュアル的にカッコいいウミウシなので、鰓が完全に出て開いているところを撮れば良かったな。
 

ダイアナウミウシ 特徴について

ダイアナウミウシ
ダイアナウミウシ

ダイアナウミウシ の特徴については、以下の通りです。

・背面は灰青色で、微小な白色点が密に散布している
・背面の周縁は白色
・2本の黒色縦線が触角と鰓を囲むが、この縦線は両触角の外側と背面中央部では途切れる
・両触角基部の間と鰓直前には、黒色点があるが、鰓直前の黒色点を欠く個体も多い
・触角と鰓葉の上半分は黄色
 

ダイアナウミウシ 生息環境について

ダイアナウミウシ
ダイアナウミウシ

ダイアナウミウシ の生息環境については、以下の通りです。
環境や季節を問わず、やや稀に見られる
 

ダイアナウミウシ 生息分布について

ダイアナウミウシ の生息分布については、以下の通りです。
・西太平洋熱帯域
 

ダイアナウミウシ の和名・学名について

ダイアナウミウシ
ダイアナウミウシ

ダイアナウミウシ の和名および学名については、以下の通りです。
和名 : ダイアナウミウシ
学名 : Chromodoris dianae
 

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)