チャマダラミドリガイ

土曜日の国際通りは、人通りも少なく閑散としていましたが、近隣のホテルはGWの頃と同じぐらいの部屋に灯りが確認できるので、人との接触を避けて市街地では遊ばない、またはホテル内のプール施設などに限定している観光客が多いのだろうと推察しています。
お土産を購入する方も減っていることや、国際通り入口の「おきなわ屋」が閉店したのは個人的に衝撃でしたが、お土産業界や特産品の業界は、かなり厳しいと聞いています。
しばらくはコロナ情勢がどうなるか分からないので、施設が充実しているホテルを選ぶ人が多くなるかも知れませんね。

スポンサーリンク

チャマダラミドリガイ

チャマダラミドリガイの水中写真

チャマダラミドリガイ
チャマダラミドリガイ

今日の水中写真は、「チャマダラミドリガイ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「レッドビーチ(沖縄県金武町金武)」で撮影したものです。

チャマダラミドリガイの外観特徴について

チャマダラミドリガイの外観特徴については、以下の通りです。
・体地色は、暗褐色から緑褐色
・頭部側面や側足外側には、微細な白色点と、それよりやや大きな橙色点が散布している
・側足縁より内側に目立つ白色点が4つから6つ並ぶ
・触角後部には、特徴的な乳白色の斑紋が入る
・トウアカミドリガイに似るが、本種は側足に橙色点が散布していることで識別できる

チャマダラミドリガイ
チャマダラミドリガイ

チャマダラミドリガイの生息環境について

沖縄のウミウシによると、チャマダラミドリガイは、冬季から春季にかけて、サンゴ礁ガレ場で普通に見られると記載されています。

チャマダラミドリガイ
チャマダラミドリガイ

チャマダラミドリガイの生息分布について

チャマダラミドリガイの生息分布については、西太平洋熱帯域。

チャマダラミドリガイの和名・学名について

チャマダラミドリガイの和名および学名については、以下の通りです。
和名 : チャマダラミドリガイ
学名 : Thuridilla flavomaculata


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。
ダイビングクラブ アクアギフト