テヌウニシキウミウシ

スポンサーリンク

テヌウニシキウミウシ

沖縄県も新型コロナのリバウンドが来ており、都道府県別の人口比でも首位を争うほどになってきました。
近所の酒場を覗くと、普通に飲み会やどんちゃん騒ぎが行われているので、そうなるのは仕方ないことですね。
予想していた通り、時短要請や不要不急の外出自粛要請が再び行われるようなので、様々な場所がクローズされる前に、ビーチやレストランなど沖縄移住ならではのメリットを生かして色々と楽しんだ週末でした。

マリンアクティビティがすべて揃う子連れでも安心《ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート》

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

「テヌウニシキウミウシ」について

テヌウニシキウミウシ 若齢個体
テヌウニシキウミウシ

今日の水中写真は、「 テヌウニシキウミウシ 」。
沖縄本島のダイビングポイントで知られる真栄田岬や砂辺No.1で水中撮影したものです。

真栄田岬:沖縄県中頭郡恩納村真栄田
砂辺:沖縄県中頭郡北谷町宮城

「テヌウニシキウミウシの外観特徴」について

テヌウニシキウミウシの外観特徴は、以下の通りです。
・体地色は、灰黄色や赤褐色など変異に富む
・外套膜の縁は赤紫色や紫色の線で縁取られ、個体によっては断続的になる
・外套膜は、頭部左右・二次鰓左右・頭部と二次鰓の中間左右に張り出し、二次鰓後方は縦に一つだけ張り出す
・触角と二次鰓は体地色と同じ色彩になる

「テヌウニシキウミウシの生息環境」について

テヌウニシキウミウシは、潮通しの良いサンゴ礁域に生息すると沖縄のウミウシでは記載されています。

「テヌウニシキウミウシの生息分布」について

テヌウニシキウミウシの生息分布については、インド・西太平洋熱帯域と沖縄のウミウシでは記載されています。

「テヌウニシキウミウシの和名・学名」について

テヌウニシキウミウシ の和名および学名は、以下の通りです。
和名 : テヌウニシキウミウシ
学名 : Ceratosoma tenue

テヌウニシキウミウシとニシキウミウシの違いについて

外套膜の有無で見分ける

テヌウニシキウミウシとニシキウミウシの見分け方は、今のところ外套膜で見分けています。
ニシキウミウシは、頭部左右・二次鰓左右と後部に一か所で外套膜が張り出しますが、テヌウニシキウミウシは、頭部左右と二次鰓左右の中間に、もう一つ張り出しが存在しています。

今後の研究によって変わる可能性も

ニシキウミウシとテヌウニシキウミウシの見分け方を記載していますが、今後のウミウシ研究によっては、また違う判断になる可能性もありますので、予めご了承ください。
あくまで「現段階では」そのように見分けています。

参考 ニシキウミウシ


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)