デンショクミノウミウシ

小学校2年にもなると、宿題を一緒に見てあげるのもなかなか時間がかかります。
漢字も習っているものと知らないものが混在してくるし、答えではなくプロセスを教えるというのは、間違えると逆に混乱させてしまうので、なかなか難しい。
でも、あの赤ちゃんだった子がこんなに綺麗な字を書くなんてと感動もありつつ。

保存版 感動の絶景!沖縄のオーシャンビューホテル30選

保存版 感動の絶景!沖縄のオーシャンビューホテル30選


スポンサーリンク

沖縄本島のダイビングで撮影した水中写真「デンショクミノウミウシ」

デンショクミノウミウシの水中写真

デンショクミノウミウシ
デンショクミノウミウシ

今日の水中写真は、「デンショクミノウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「残波岬(沖縄県中頭郡読谷村宇座)」の海中で水中撮影したウミウシの仲間です。
懐かしのOlympusコンパクトデジカメC-3040で撮影したものなので、デジタル一眼レフと比べて画像の甘さや歪みが気になるところですが、ギリギリ使えるかなと思いお蔵入りから持ってきました。

デンショクミノウミウシの外観特徴について

デンショクミノウミウシ の外観特徴は、以下の通りです。
・体地色は、無色の半透明
・頭部から背面を通り、尾部に至るまで正中線上を白色縦線が走る
・背面突起は長い紡錘形で、その大きさは個体変異が認められる
・背面突起の色彩は上部がピンク色で先端は半透明。その下方はほぼ透明で黒緑色の消化腺が透けて見え、青色・水色・黄緑色などの鮮やかな小斑紋が散在する
・触角は平滑でピンク色の輪が2つある
・口触手は長大で、上半はピンク色
・前足隅は触手状

デンショクミノウミウシ
デンショクミノウミウシ

デンショクミノウミウシの生息環境について

沖縄のウミウシ によると、デンショクミノウミウシ は潮通しの良いサンゴ礁域浅所で通年見られるが稀種と記載されています。

デンショクミノウミウシの生息分布について

沖縄のウミウシ によると、デンショクミノウミウシの生息分布は慶良間諸島とされています。

デンショクミノウミウシの和名・学名について

デンショクミノウミウシの和名および学名は、以下の通りです。
和名 : デンショクミノウミウシ
学名 : Pruvotfolia sp.

水中写真ギャラリー

デンショクミノウミウシの水中写真ギャラリー

更新のお知らせ

コンシボリガイ ページ更新しました

コンシボリガイ に黄色Verの水中写真を追加しました

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)