ニヨリセンテンイロウミウシ

5月5日は「こどもの日」。子供の健やかな成長を願い、母親に感謝する日・・・なんて綺麗ごとを言っている暇もなく、相変わらず我が家はバタバタした一日を過ごしていました。
3人もいると大変なのですよ。
そんな沖縄地方は、昨日のうちに梅雨入りをしました。
平年より5日早いそうですが、その分早い梅雨明けで太陽がチリチリと照り付ける真夏の到来を心待ちにしています。

スポンサーリンク

ニヨリセンテンイロウミウシ

ニヨリセンテンイロウミウシの水中写真

ニヨリセンテンイロウミウシ
ニヨリセンテンイロウミウシ

今日の水中写真は、「ニヨリセンテンイロウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「真栄田岬(沖縄県中頭郡恩納村真栄田)」や「ホーシュー(沖縄県中頭郡恩納村万座)」で撮影したものです。
センテンイロウミウシとほぼ見分けが付きませんが、触角の橙色の輪がニヨリセンテンイロウミウシは2本、センテンイロウミウシは3本であることが識別ポイントかと思います。
沖縄のウミウシでは、すべてがセンテンイロウミウシとして記載されています。
”ニヨリ”の由来は、センテンイロウミウシとよく似ているウミウシという意味で”似寄り”から由来しているのかも知れませんね。

ニヨリセンテンイロウミウシの外観特徴について

ニヨリセンテンイロウミウシの外観特徴については、以下の通りです。
・体地色は乳白色で、背面には暗紫色から赤褐色の細点が散布している。
・触角後方から鰓後部に至る白色縦線が数本ある。
・頭部と背面後部、尾部には白色細点が散布している。
・個体によっては、褐色から赤褐色の斑紋が広く背面を覆う。
・触角は白く、赤褐色の輪が2本ある。鰓は外側が橙色で、内側が白色。

ニヨリセンテンイロウミウシ
ニヨリセンテンイロウミウシ

ニヨリセンテンイロウミウシの生息環境について

これまでの観察例からすると、ニヨリセンテンイロウミウシは、潮通しの良いサンゴ礁域に生息すると思われます。

ニヨリセンテンイロウミウシの生息分布について

ニヨリセンテンイロウミウシの生息分布については、西太平洋熱帯域。

ニヨリセンテンイロウミウシの和名・学名について

ニヨリセンテンイロウミウシの和名および学名は、以下の通りです。
和名 : ニヨリセンテンイロウミウシ
学名 : Hypselodoris maculosa

水中写真ギャラリー

ニヨリセンテンイロウミウシの水中写真ギャラリー

似ているウミウシの比較コーナー

ニヨリセンテンイロウミウシとセンテンイロウミウシの違いは?

ニヨリセンテンイロウミウシ
ニヨリセンテンイロウミウシ
センテンイロウミウシ
センテンイロウミウシ

ニヨリセンテンイロウミウシとセンテンイロウミウシは外観がとてもよく似ていますが、一点だけ決定的に異なる箇所がありますので、写真を並べて比較してみます。
ニヨリセンテンイロウミウシ:触角にある橙色の輪が2本
センテンイロウミウシ:触角にある橙色の輪が3本

沖縄旅行にもオススメできる秀逸なホテル

保存版 感動の絶景!沖縄のオーシャンビューホテル30選

保存版 感動の絶景!沖縄のオーシャンビューホテル30選



沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)