ハタタテハゼ

今日は珍しく大規模な障害が発生したため、仕事に大きな支障が出ていました。
航空管制システムやYouTubeが見れない、Googleの各種機能が使えないといったように広範囲でシステム障害が出ていたので、共通した原因があるのかも知れませんね。

明日は最高気温でも16℃程度なので、外出時はいつも以上に暖かい服装にしたほうが良さそうです。
 

スポンサーリンク

ハタタテハゼ

ハタタテハゼ
ハタタテハゼ

今日の水中写真は、「ハタタテハゼ」です。
沖縄本島のダイビングでは、ごくごく普通に見かける魚類ですが、あまりにも頻繁に見かけるのでハタタテハゼを真剣に水中撮影しているダイバーを見かけたことがないような気がします。

よく見かけるとはいっても写真の通り花のある綺麗なハゼなので、全国各地に分布しているにも関わらず、沖縄旅行でダイビングに来るダイバーの方々にはウケが良かったりします。
アケボノハゼシコンハタタテハゼは、同じハタタテハゼ属なので近縁種ということになりますね。
 

ハタタテハゼの外観特徴と見分け方

ハタタテハゼの外観特徴は下記の通りです。

・伸長した第一背鰭前半部の鰭膜は、乳白、淡黄色であること
・腹鰭は全体が淡黄色であること
 

ハタタテハゼ | 沖縄本島のダイビングで撮影した「ハタタテハゼ」の水中写真
ハタタテハゼ

ハタタテハゼの生息環境

ハタタテハゼ | 沖縄本島のダイビングで撮影した「ハタタテハゼ」の水中写真
ハタタテハゼ

ハタタテハゼの生息環境は、サンゴ礁域の礁地や礁斜面、ドロップオフ下あたりで単独またはペアでホバリングしている様子をよく見かけます。

山渓ハンディ図鑑「日本の海水魚」では水深10m~30mの礫混じりの砂底やガレ場と記載されていますが、沖縄本島のダイビングでは水深5mあたりから50mあたりでも見かけるので、水深はそこそこ適応できるのではないかと思います。
 

日本の海水魚 改訂版 山渓ハンディ図鑑

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の海水魚改訂版 (山溪ハンディ図鑑) [ 吉野雄輔 ]
価格:4180円(税込、送料無料) (2020/12/14時点)


ハタタテハゼの分布

ハタタテハゼの分布は下記の通りです。
伊豆諸島、小笠原諸島、千葉県鴨川、静岡県富戸(幼魚)、静岡県大瀬崎~屋久島の太平洋沿岸、トカラ列島、琉球列島:台湾南部、インド – 太平洋(紅海を除く)。
千葉県鴨川の分布記録が標本とされているようですね。
 

ハタタテハゼ | 沖縄本島のダイビングで撮影した「ハタタテハゼ」の水中写真
ハタタテハゼ

ハタタテハゼの和名・学名

ハタタテハゼの和名および学名は下記の通りです。

和名 : ハタタテハゼ ( ハゼ亜目 / クロユリハゼ科 / ハタタテハゼ属 )
学名 : Nemateleotris magnifica
 

写真で見る沖縄の海中生物「沖縄の海」


The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)