当サイトの無断転載を禁じます。メディア等にご利用希望の場合は、フォームよりご連絡ください。

ハナミドリガイ

全国で1日当たりの新規感染者数が過去最多を更新し始めましたが、日本医師会の言う通り第三波のようですね。
最近は我が子の通う保育園でも濃厚接触者が出たり、身近な友人が濃厚接触者になった旨の連絡があったりと、もはや他人事ではなくなってきつつあります。

久しぶりに「難波金融伝・ミナミの帝王」を見ようとしたら、Amazon PrimeもひかりTVも有料。ダメ元でU-NEXTを見たら見放題になっていました。映画好きには嬉しい限りです。


本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

ハナミドリガイ

沖縄本島のダイビングで撮影した「ハナミドリガイ」の水中写真
ハナミドリガイ

今日の水中写真は、ハナミドリガイというウミウシの仲間で、主に冬季になるとサンゴ礁域で普通に出現し始めるのですが、成長すると最大で15mm程度まで大きくなります。
 

ハナミドリガイの外観特徴と見分け方

ハナミドリガイの外観から見分けられる特徴は以下の通りです。

・(沖縄産では)体地色は暗緑色で、触角から側頭部にかけて、および側足周縁に黄色線が数本入る
・側足周縁に鈍い白色円班が入る
・先述した白色円班を欠くものもいる
 

ハナミドリガイの分布

ハナミドリガイは、西太平洋熱帯域、温帯域に分布するとされているようです。
 

ハナミドリガイの和名・学名

ハナミドリガイの和名および学名については下記の通りです。

和名 : ハナミドリガイ ( 嚢舌目 / ゴクラクミドリガイ科 )
学名 : Thuridilla splendens
 

まとめ

ハナミドリガイとよく似たウミウシで、ヨゾラミドリガイやシロアミミドリガイといった種もいるので、地味なウミウシではありますが、撮り続けていると色彩変異した個体や沖縄版、本州版といった違いももっと発見できるのかも知れませんね。
 

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)

500円ポッキリ メール便送料無料 沖縄そば2人前