ハナミドリガイ

ニュースで見ましたが、今日も那覇空港に到着した飛行機は満席だったようです。減便しているというのもありますが、所詮は単なる要請にすぎないので個人の自由で旅行も楽しむでしょう。
支援金では賄えないことから営業を続行する沖縄県内の飲食店も少なからずいるようなので、やはり実効性にはクエスチョンですね。
個人的には、小中学校が通常登校&通常授業で良かった😊

スポンサーリンク

ハナミドリガイの水中写真

ハナミドリガイ
ハナミドリガイ

今日の水中写真は、「ハナミドリガイ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「砂辺海岸(沖縄県中頭郡北谷町宮城)」、「大浦湾(沖縄県名護市二見)」その他で撮影したウミウシの仲間です。
水中で見ると非常に地味な色彩ですが、水中写真で見るとカラフルで特徴がはっきりしているタイプの生き物です。

ハナミドリガイの外観特徴について

ハナミドリガイの外観特徴については、以下の通りです。
・(沖縄産では)体地色は暗緑色で、触角から側頭部にかけて、および側足周縁に黄色線が数本入る
・側足周縁に鈍い白色円班が入る
・先述した白色円班を欠くものもいる 

ハナミドリガイの生息環境について

ハナミドリガイは、冬季になるとサンゴ礁域で普通に出現し始めるウミウシの仲間ですが、成長すると最大で15mm程度まで大きくなります。

ハナミドリガイの分布について

ハナミドリガイの生息分布については、西太平洋熱帯域、温帯域。
 

ハナミドリガイの和名・学名

ハナミドリガイの和名および学名については、以下の通りです。
和名 : ハナミドリガイ
学名 : Thuridilla splendens 

水中写真ギャラリー

ハナミドリガイの水中写真ギャラリー

まとめ

ハナミドリガイとよく似たウミウシで、ヨゾラミドリガイやシロアミミドリガイといった種もいるので、地味なウミウシではありますが、撮り続けていると色彩変異した個体や沖縄版、本州版といった違いももっと発見できるのかも知れませんね。
 


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)