目次

ヒョウモンウミウシ

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISHもオススメしたいウミウシ図鑑の最新版

新版 ウミウシ: 特徴がひと目でわかる図解付き

ウミウシ・ファンの裾野を広げるべく、同定の決め手となるポイントを全てイラストで解説したウミウシ図鑑です。
ウミウシを美しく撮影するテクニックや、ウミウシを上手に探すコツなど、実践で使える実用書であり、かつ、美しいウミウシの魅力が伝わる写真の数々や歴史的な絵画も紹介。
慶良間諸島と八丈島をメインに北海道、本州、沖縄まで日本で見られるウミウシ、変異、spなどを含め1260種を収録した決定版の書籍です。

沖縄県と他府県の中で、個人的に気になる不動産を定点観測しているのですが、コロナに関係なく結構動きが良いですね。相場に対して少々割高かなと思える値付けでも動いているようです。

しばらくは入出国制限の関係で行き場のなくなった観光客が国内へ流れるだろうと思われますので、ダイビング業界をはじめ、観光業界が人手不足になるぐらい忙しくなってくれればと思います。
 

ヒョウモンウミウシ

ヒョウモンウミウシ
ヒョウモンウミウシ

今日の水中写真は「ヒョウモンウミウシ」です。
昔々は、「チータウミウシ」といった異名もありましたが、正式和名は「ヒョウモンウミウシ」といいます。

サイズ的には5cm程度なので、ウミウシの中では割と大型の部類になると思います。
 

ヒョウモンウミウシ と ウミウシカクレエビ
ヒョウモンウミウシ と ウミウシカクレエビ

ウミウシの中では割とサイズが大きい「ヒョウモンウミウシ」なので、極々稀に「ウミウシカクレエビ」が付いていることもあります。

ウミウシカクレエビは、名前の通り「ウミウシに隠れるエビ」とされていますが、ほとんどはナマコに付いている確率が高いので、ウミウシとのペアは結構貴重だったりします。
 

沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真2
沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真2

ヒョウモンウミウシは、表面を覆うようなヒョウ柄の斑紋が特徴です。

一枚目の水中写真のように綺麗な輪っか模様もあれば、二枚目の水中写真のように、やや型崩れしたような輪っかもあります。
 

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISHもオススメしたいウミウシ図鑑の最新版

新版 ウミウシ: 特徴がひと目でわかる図解付き

ウミウシ・ファンの裾野を広げるべく、同定の決め手となるポイントを全てイラストで解説したウミウシ図鑑です。
ウミウシを美しく撮影するテクニックや、ウミウシを上手に探すコツなど、実践で使える実用書であり、かつ、美しいウミウシの魅力が伝わる写真の数々や歴史的な絵画も紹介。
慶良間諸島と八丈島をメインに北海道、本州、沖縄まで日本で見られるウミウシ、変異、spなどを含め1260種を収録した決定版の書籍です。

ヒョウモンウミウシとマダライロウミウシの見分けかた

沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真(触覚)
沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真(触覚)

似たような柄で「マダライロウミウシ」というウミウシがいます。区分けとして、

・ヒョウモンウミウシは体側表面の柄が輪っかになっている
マダライロウミウシは輪っかになっていない

という視点で同定すると間違うことがあります。

ヒョウモンウミウシの見分け方は、触覚にあります。
基本的に白っぽい素地で、紫色の縦線が走っていることが同定ポイントとなります。
 

沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真(触覚)正面から
沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真(触覚)正面から

一例として、上記の水中写真も斑紋が輪っかになっていませんが、触覚が白い素地で紫色の縦線が走っていることからヒョウモンウミウシということになります。

ヒョウモンウミウシの若齢個体と思われますが、このステージのヒョウモンウミウシは、柄が輪っかにならず、マダライロウミウシのように丸い斑紋のままなので、特に注意深く見た方が良さそうですね。
 

沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真3
沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真3

上記の水中写真も、斑紋が輪っかになっていませんが、触覚を確認すると「ヒョウモンウミウシ」ということになります。

触覚が白い素地で、紫色の線が縦に走っていることが最大の特徴ですね。
 

沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真4
沖縄本島のダイビングで撮影した「ヒョウモンウミウシ」の水中写真4

最後の水中写真も、ヒョウモンウミウシです。

沖縄本島のダイビングでは、通年見ることができるウミウシの仲間ですが、出会うたびに色々な柄があって面白いので、機会があれば観察してみると良いかも知れませんね。
 

ヒョウモンウミウシの和名・学名

和名 : ヒョウモンウミウシ
学名 : Chromodoris leopardus

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に掲載。
沖縄料理、沖縄移住、子育てについても

Visits: 749
The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)