ヒラムシ – プセウドケロス・コンフスス ( Pseudoceros confusus )

スポンサーリンク

プセウドケロス・コンフスス ( Pseudoceros confusus )

この週末で子供部屋が完成して、ホッとしている我が家です。
今回は子供部屋製作と並行しておもちゃの断捨離も強行しましたが、幼児期からのオモチャがなかなか厄介で、親からすれば誕プレクリプレの思い入れがある一方で、子供からすればまだ別の遊び方で使っているという言い分もあるし、この辺りの擦り合わせが最も難しかったですね。
大人同士の打ち合わせのほうが100倍🤣
男女ともに長寿日本一(沖縄県は男性30位・女性3位)の長野県特産「五平餅」が食べたくなり注文してみた。

ヒラムシ – プセウドケロス・コンフスス ( Pseudoceros confusus )について

プセウドケロス・コンフスス - Pseudoceros confusus
プセウドケロス・コンフスス – Pseudoceros confusus

今日の水中写真は、「ヒラムシ – プセウドケロス・コンフスス ( Pseudoceros confusus )」。
沖縄本島の東海岸にあるレッドビーチにて、ダイビング中に撮影したものです。
やや動きが早い部類のヒラムシではないかと思います。
 

プセウドケロス・コンフスス ( Pseudoceros confusus )の外観特徴

プセウドケロス・コンフスス - Pseudoceros confusus
プセウドケロス・コンフスス – Pseudoceros confusus

プセウドケロス・コンフスス ( Pseudoceros confusus )の外観は、水中写真からも分かる通り、体地色は白色。
体の周縁は、外側から白色・紺色・橙色・紺色・白色の帯で囲まれています。
頭部周縁は、紺色・橙色・紺色・白色の帯で囲まれているが、頭部先端ですべての帯が切れている個体も存在する。
背面の正中線上には白色の線が縦に走っている。
これらの特徴により、プセウドケロス・コンフスス – Pseudoceros confusus と近似するヒラムシと見分けられる。
 

プセウドケロス・コンフスス – Pseudoceros confusus の生息分布について

プセウドケロス・コンフスス – Pseudoceros confusus の生息分布については、詳細な情報が不足しているため不明。
 

プセウドケロス・コンフスス – Pseudoceros confusus の和名・学名について

ヒラムシ – プセウドケロス・コンフスス ( Pseudoceros confusus )
ヒラムシ – プセウドケロス・コンフスス ( Pseudoceros confusus )

プセウドケロス・コンフスス – Pseudoceros confusus の和名および学名は、以下の通りです。
和名 : –
学名 : Pseudoceros confusus
 

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)