ヒラムシ – プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )

スポンサーリンク

プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )

沖縄県独自の緊急事態宣言が発令されてから、お気に入りホテルのレストランが軒並み休業しているため、解除になる日を心待ちにしています。
正直なところ、カラオケ(合唱やライブも含む)・居酒屋・接待を伴う飲食店と高齢者施設だけを休業、もしくは法令を厳しくして、公共場所でのマスク装着を義務化すれば、かなり減りそうな気がするので、そろそろ一律で経済を止める方策よりも持続できる政策に転換して欲しいですね。
 

プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )について

プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )
プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )

今日の水中写真は、 プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )。
沖縄本島の真栄田岬でダイビング中に水中撮影したものですが、動きが早かったこともあり、撮影できたのはこの三枚のみとなります。
色々調べてみると、どうやらニセツノヒラムシ属の一種に入るようです。

ニセツノヒラムシ属の一種
ニセツノヒラムシ属の一種

体地色はサフラン色で、体全体の周縁は橙色の帯で囲われ、その周縁は軽く波打っています。背面中央付近は、丸形の黒い網目模様で覆われており、正中線はその網目模様がないように見えます。
 

プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )の和名・学名について

ヒラムシ – プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )
ヒラムシ – プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )

プセウドケロス SP ( Pseudoceros sp. )の和名・学名については、以下の通りです。
和名 : –
学名 : Pseudoceros sp.

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)