フジタウミウシ属の一種 3

スポンサーリンク

フジタウミウシ属の一種 3

今日は2月4日の語呂に因んで「妊娠の日」。
出産を望む女性が望みどおりに未来を手に入れ、産後まで健やかな毎日を過ごしてもらうことを目的にジュンビー株式会社が制定したものです。

シンデレラウミウシ干し柿のことを書きましたが、干し芋も大好きです。
石油ストーブが冬の暖房器具の主役だった頃、天板の上にヤカンを置き、空いているスペースに干し芋を置き、軽く焦げ目が付いたら食べていましたね。芋が持っている自然な甘みと干し芋ならではの食感が美味しかった思い出があります。

フジタウミウシ属の一種 3 について

フジタウミウシ属の一種 3 Polycera sp. 3
フジタウミウシ属の一種 3 Polycera sp. 3

沖縄本島のダイビングで撮影した今日の水中写真は、「 フジタウミウシ属の一種 3 」。
金武町の東海岸側にある レッドビーチ の海中で水中撮影したウミウシです。

フジタウミウシ属の1種界隈は、「 コソデウミウシ 」と呼ばれていた時期があったため、ダイバー仲間の内輪では「 コソデエリア 」と呼んでいる場所を中心に見て回って水中撮影を行っていました。
 

フジタウミウシ属の一種 3 の特徴について

フジタウミウシ属の一種 3 Polycera sp. 3
フジタウミウシ属の一種 3 Polycera sp. 3

フジタウミウシ属の一種 3 の外観から見分けられる特徴としては、以下の通りです。
・体地色:透明感のある白色だが、透明感のある橙色が強い個体も存在する
・体の表面(背面)には、大小さまざまな黒色斑が散布される
・触角基部の内側は橙色で、触角全体は黒色に染まる
・鰓は基部から中ほどまでは橙色でその先は黒色に染まる
・頭部の周縁全体より、基部から中ほどまでは橙色で先端が黒色になる湾曲した触手状突起が7本出ている
 

フジタウミウシ属の一種 3 の生息環境について

フジタウミウシ属の一種 3 Polycera sp. 3
フジタウミウシ属の一種 3 Polycera sp. 3

フジタウミウシ属の一種 3 の生息環境は不明ですので、代替情報として撮影データを記載しておきます。
撮影場所 : 沖縄本島東海岸 レッドビーチ
撮影水深 : -12m

フジタウミウシ属の一種 3 の生息分布について

フジタウミウシ属の一種 3 Polycera sp. 3
フジタウミウシ属の一種 3 Polycera sp. 3

フジタウミウシ属の一種 3 の生息分布についても不明です。
もし、コソデウミウシと近いのであれば、フジタウミウシ属の1種については南日本が生息分布ということになるかと思われます。
 

フジタウミウシ属の一種 3 の和名・学名について

フジタウミウシ属の1種3としていますので、まだ正式和名はありません。学名も”sp”のままとなっています。
和名 : –
学名 : Polycera sp. 3
 

参考にさせて頂いたサイト


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)