フチベニイロウミウシ

沖縄本島は、梅雨入りした途端に雨が降らなくなりましたが、相変わらず湿気は高い状況。
こうなると、海やプールが気持ちいい季節です😌
私もよく使っていた金曜日の晩に出発して、日曜日の夜に帰宅する沖縄旅行もありだと思います。

西海岸ダイビングポイントへのアクセスが良い立地 【ホテルサンセットヒル】

●最安料金:2,760円(税込)〜
●宿泊経験ありますが、各ダイビングポイントへのアクセスが良いです
●徒歩圏内に居酒屋ナシ
●ご時世的にもスーパーやコンビニで買って部屋(バルコニー)飲みがオススメ
≫≫ ホテルサンセットヒル


スポンサーリンク

フチベニイロウミウシ

フチベニイロウミウシの水中写真

フチベニイロウミウシ
フチベニイロウミウシ

今日の水中写真は、「フチベニイロウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「真栄田岬(沖縄県中頭郡恩納村真栄田)」にて撮影したものです。
沖縄のウミウシによれば、フチベニイロウミウシは稀種とされているようですので、次に出会ったらもっと考えて水中撮影をしたいところです。
フチベニイロウミウシは、まるで白いカマボコの周縁を食紅で覆ったような見た目で、見た目そのままの和名で親しみやすいウミウシに感じます。

フチベニイロウミウシの外観特徴について

フチベニイロウミウシの外観特徴についは、以下の通りです。
・体地色は白色から乳白色
・背面周縁は、最も外側が鮮やかな赤色帯、その内側は白色帯で縁取られる
・触角の基部は白色で、他は暗赤色。案赤色部分の前部・後部それぞれに白い縦線が確認できる
・二次鰓は暗赤色から淡い暗赤色まで変異が大きい

フチベニイロウミウシ
フチベニイロウミウシ

フチベニイロウミウシの生息環境について

沖縄のウミウシによると、フチベニイロウミウシの生息環境は潮通しの良いサンゴ礁域のガレ場で初夏に見られると記載されています。

フチベニイロウミウシの生息分布について

フチベニイロウミウシの生息分布については、西太平洋熱帯域。

フチベニイロウミウシの和名・学名について

フチベニイロウミウシの和名および学名については、以下の通りです。
和名 : フチベニイロウミウシ
学名 : Ardeadoris averni

フチベニイロウミウシ
フチベニイロウミウシ

水中写真ギャラリー

フチベニイロウミウシの水中写真ギャラリー


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)