ホシゾラウミウシ

ゴールデンウイークは東京近郊の都道府県と同様に沖縄県も混みそうな気配です。
色々と報道されていますが、旅行サイトを見ていてもメジャーなホテルは満室か、コスパの良くない割高な部屋しか空いていないようです。国際通りも閉まっているお店が多い中で観光客も歩いており、観光バスもそこそこ見かけるので、個人客や団体とまではいかないグループ客は普通に沖縄旅行に来ています。
とは言っても、ホテルの予約は直前まで取れるチャンスでもあるので、首都圏・関西圏で遊びに行く場所がないという方や、コロナの閉塞感をリフレッシュしたい方には沖縄旅行をオススメします。
青い海と青い空に、夜の星空を見るだけでもかなりリフレッシュできると思います。

那覇市内で唯一のインフィニティプール【ノボテル沖縄那覇】

※ 最安料金3,150円~
那覇市内で唯一のインフィニティプール(キッズプールも併設)【ノボテル沖縄那覇】 最安料金3,150円~


スポンサーリンク

沖縄本島のダイビングで撮影した「ホシゾラウミウシ」の水中写真

ホシゾラウミウシの水中写真

ホシゾラウミウシ
ホシゾラウミウシ

今日の水中写真は、「ホシゾラウミウシ」。
沖縄本島の東海岸にあるダイビング・ポイント「レッドビーチ(沖縄県金武町金武)」で撮影したものです。
レッドビーチ他、東海岸の様々なダイビングポイントや誰も潜らないような内湾的海域で潜ると、よく出会うウミウシの仲間です。
個体によって体地色の濃淡に幅があると感じますが、基本的な特徴は逸脱しておらず、ウミウシに詳しくなくとも見分けるのは容易だと思います。

ホシゾラウミウシの外観特徴について

ホシゾラウミウシの外観特徴は、以下の通りです。
・体地色は暗青色から暗紫色
・体表には黄色斑や黒色点が散布している。個体によっては黄色斑がほぼ白色になる場合もある
・触角は赤色
・二次鰓は白色で赤く縁取られる
・薄紫色のカイメンを食す

ホシゾラウミウシ
ホシゾラウミウシ

ホシゾラウミウシの生息環境について

沖縄のウミウシによると、ホシゾラウミウシは冬季から春季にかけて環境を選ばず、ごく稀に見られるとされています。

ホシゾラウミウシの生息分布について

ホシゾラウミウシの生息分布は、インド洋・西太平洋熱帯域。

ホシゾラウミウシの和名・学名について

ホシゾラウミウシの和名および学名については、以下の通りです。
和名 : ホシゾラウミウシ
学名 : Hypselodoris infucata

水中写真ギャラリー

ホシゾラウミウシの水中写真ギャラリー

他のウミウシに食べられるホシゾラウミウシ

ホシゾラウミウシが食べられるシーンに遭遇

キイボキヌハダウミウシ 沖縄 ダイビング 水中写真 捕食 シーン NIKON 105mm Underwater Photography
キイボキヌハダウミウシがホシゾラウミウシを捕食するシーン
沖縄本島のダイビングで撮影

レッドビーチで潜っている際に、キイボキヌハダウミウシがホシゾラウミウシを捕食するシーンに遭遇しました。
この時、キイボキヌハダウミウシは他のウミウシも追いかけていたのですが、逃げ遅れたホシゾラウミウシだけが捕食されてしまった時の貴重な生態シーンです。


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)