ホンクロシタナシウミウシ

スポンサーリンク

ホンクロシタナシウミウシ

昨年末から思い切った断捨離をしている我が家です。
現時点でかなりスリムになっているのですが、30年前にVHS-Cでムービー撮影またはVHSで録画したビデオテープが残っているので、こちらもデータ化させてみることにしました。
ちなみに25年前のWindows95パソコン「PC98」にもAV入力は標準装備されていて、データ化したものもあったのですが、問題は内臓HDDが800MBしかなかったことでした。外部記憶装置といえば1.44MBしか記録できないフロッピーディスクでしたからね・・・😂

そんな訳で、20年前から故障一つしないビデオデッキを有効利用して、外付けハードディスクへ保存するためのパーツを買おう。緊急事態宣言が出ると出荷が遅れるかも知れないのですぐに注文しなければ。

VHSからハードディスクやDVDへダビングするならGV-USB2 安心の日本製

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IOデータ GV-USB2 USB接続ビデオキャプチャー
価格:3617円(税込、送料別) (2021/3/4時点)

ホンクロシタナシウミウシについて

ホンクロシタナシウミウシ
ホンクロシタナシウミウシ

本日の水中写真は、「ホンクロシタナシウミウシ」です。
タイドプールなど潮間帯のような浅場でよく見かけるウミウシですので、ダイバーよりも磯遊びをしている際によく出会うウミウシといえるでしょう。
写真のホンクロシタナシウミウシは、50mm程度の体長でした。割とよく動くウミウシで、全身が真っ黒の個体だったので、フォーカスロックとカメラの絞りを普段より開放して水中撮影を行いました。

ホンクロシタナシウミウシの外観特徴と見分け方について

ホンクロシタナシウミウシ
ホンクロシタナシウミウシ

ホンクロシタナシウミウシの外観特徴と見分け方については、以下の通りです。

・体地色は黒色から赤褐色、黄白色など幅広く変異に富んでいる
・外套膜周縁の内側に暗赤色帯をもつ個体や、白色細点をも散布する個体もいる
・触角先端は白色であること
・体はすこぶる柔軟であること
・鰓は小さく、カップ状であること
 

ホンクロシタナシウミウシの生息環境について

ホンクロシタナシウミウシ
ホンクロシタナシウミウシ

ホンクロシタナシウミウシは、潮通しの良いサンゴ礁域で、サンゴ礫などに付着したカイメンを餌にしているように見えます。私の場合は、満潮になると波当たりのある潮間帯で、干潮時に姿を現すタイドプールでよく見かけます。
 

ホンクロシタナシウミウシの生息分布について

ホンクロシタナシウミウシ
ホンクロシタナシウミウシ

ホンクロシタナシウミウシの生息分布については、以下の通りです。
インド・西太平洋。
 

ホンクロシタナシウミウシの和名・学名について

ホンクロシタナシウミウシの和名および学名は以下の通りです。

和名 : ホンクロシタナシウミウシ
学名 : Dendrodoris nigra
 


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。
ダイビングクラブ アクアギフト