当サイトの無断転載を禁じます。メディア等にご利用希望の場合は、フォームよりご連絡ください。

マダラウミウシ

マダラウミウシ

今日も仕事が終わったあとに、プログラミングの勉強会に参加。
仕事に学びに子供たちとの時間にと、充実した毎日に感謝です。
梅雨のような1週間でしたが、明日以降再び夏のような空が戻ってくるようなので楽しみだな。

子連れ沖縄旅行にもオススメ ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテル

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテルの詳細はコチラ

「マダラウミウシ」について

マダラウミウシ
マダラウミウシ 沖縄本島西海岸のタイドプールで撮影

今日の水中写真は、「マダラウミウシ」。
沖縄本島西海岸に干潮時になると姿を現すタイドプールで水中撮影をしたものです。
撮影水深は、30cm程度。
本種について、以前は「クロシタナシウミウシ」として掲載していました。本文内で注釈としてシノニムについて触れていましたが、「マダラウミウシ」として改めて掲載します。

「マダラウミウシ の外観特徴」について

マダラウミウシの外観および特徴については、以下の通りです。
・体地色は、赤褐色など変異に富む
・背面には体地色より濃い不規則な暗色斑が確認できる
・触角は体地色より濃い色彩になり、先端が白くなる
・二次鰓は体地色と同じ色彩となる
・背面周縁は波打っている

「マダラウミウシ の生息環境」について

マダラウミウシの生息環境は、サンゴ礁域の浅所で転石下から見られることが多い。個人的な感覚では、タイドプールの転石下か、昼間に岩陰に隠れている生物はナイトダイビングで容易に観察できると思っている。

マダラウミウシ
マダラウミウシ 沖縄本島西海岸のタイドプールで撮影

「マダラウミウシ の生息分布」について

マダラウミウシの生息分布については、以下の通りです。
・インド・西太平洋

「マダラウミウシ の和名・学名」について

マダラウミウシの和名および学名は、以下の通りです。
和名 : マダラウミウシ
学名 : Dendrodoris fumata

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)

すべてにおいて最高ランク ハレクラニ沖縄 ハワイに行けない今がオススメ