当サイトの無断転載を禁じます。メディア等にご利用希望の場合は、フォームよりご連絡ください。

マルクチヒメジ

お名前ドットコム

2020年、沖縄地方は梅雨明けしました!
例年に比べると11日早く、昨年と比べると28日早い梅雨明けになったそうです。
沖縄旅行のActivityといえば、圧倒的にマリンレジャー。海が気持ち良いのは「夏」。
今年は長い夏になると良いですね。

エルセーヌ

スポンサーリンク

マルクチヒメジ

沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真

今日の水中写真は、「マルクチヒメジ」。

サンゴ礁の中、サンゴ礁外縁、砂底、ガレ場、、、とにかく広範囲な環境で見かける魚です。
 

沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真

マルクチヒメジは、体色の変化が激しい魚で、藤色、黄色、赤褐色、黒褐色に至るまで数パターンの体地色があることで知られています。

地味な魚なので水中ではスルーしてしまいがちですが、色々な体色があるので、マルクチヒメジに出会ったら、水中写真を撮影しておくと面白いかも知れませんね。
 

エックスドメイン
沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真

マルクチヒメジについて、記録では水深125mに至るまで生息しているようなので、環境の変化には強い種なんでしょうね。
 

沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真

参考書籍
山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚
日本のハゼ―決定版
日本産魚類検索 全種の同定
沖縄ダイビングやシュノーケルで撮影した水中写真と図鑑を照らし合わせながら調べる
時間もまた楽しいですよ。

沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真 黄色個体
沖縄本島のダイビングで撮影した「マルクチヒメジ」の水中写真 黄色個体

マルクチヒメジの外観特徴

生時の体色は、前述のとおり変異に富み、尾柄背面部分に淡黄~淡橙色の鞍状斑紋があるなどで区別可能。
 

マルクチヒメジの分布

マルクチヒメジは、八丈島、小笠原諸島、伊豆半島東岸~高知県柏島の太平洋沿岸(数は少ない)、屋久島、琉球列島~台湾、インド-太平洋(イースター島を除く)での観察記録がある。
 

マルクチヒメジの和名・学名

和名 : マルクチヒメジ ( スズキ目 ヒメジ科 ウミヒゴイ属 )
学名 : Parupeneus cyclostomus
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -7m
 

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)

500円ポッキリ メール便送料無料 沖縄そば2人前