ミヤコウミウシ

今日も天気は良かったのですが、湿度が96%と香港並みに高い沖縄本島です。
外で干した洗濯物をそのまましまうと、部屋干ししたかのごとく湿気臭くなるので、エアコンをかけた部屋で30分ほど広げて湿気を除去してから収納するようにしています。
そんな沖縄本島ですが、国際通りを歩いていると観光客もボチボチ歩いているので、去年よりは随分マシな感じがしてホッと一安心。

西海岸ダイビングポイントへのアクセスが良い立地 【ホテルサンセットヒル】

●最安料金:2,760円(税込)〜
●宿泊経験ありますが、各ダイビングポイントへのアクセスが良いです
●徒歩圏内に居酒屋ナシ
●ご時世的にもスーパーやコンビニで買って部屋(バルコニー)飲みがオススメ
≫≫ ホテルサンセットヒル


スポンサーリンク

ミヤコウミウシ

ミヤコウミウシの水中写真

ミヤコウミウシ
ミヤコウミウシ

今日の水中写真は、「ミヤコウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「砂辺No.1(沖縄県中頭郡北谷町宮城)」、「レッドビーチ(沖縄県金武町金武)」、「大浦湾(沖縄県名護市二見)」の他に、紀伊半島(和歌山県側)で撮影したものも一枚追加しています。

ミヤコウミウシの外観特徴について

・背面地色は黄褐色、赤褐色の他、変異に富んでいる
・背面のイボ状突起も、黄灰色または黄褐色など変異に富む
・イボ状突起の周囲には輝青色小斑紋が目立つ
・触角は体地色と同じ色彩で先端だけほんのり白くなる

ミヤコウミウシのカラーバリエーションについて

ミヤコウミウシのカラーバリエーションは変異に富んでおり、それほど撮っていない私の手持ち写真でも、これだけの種類があります。

ミヤコウミウシの生息環境について

沖縄のウミウシによると、ミヤコウミウシは、内湾域浅所のガレ場や転石間で、やや稀に見られると記載されています。

ミヤコウミウシの分布について

ミヤコウミウシは、インド洋、西太平洋熱帯域、温帯域に分布する。

ミヤコウミウシの和名・学名について

ミヤコウミウシの和名および学名については、以下の通りです。
和名 : ミヤコウミウシ
学名 : Dendrodoris krusensternii  Dendrodoris denisoni

水中写真ギャラリー

ミヤコウミウシの水中写真ギャラリー


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)