ミルクオトメウミウシ

スポンサーリンク

ミルクオトメウミウシ

ここ最近は、子供たちの進級に絡むあれやこれやで忙しい。持って帰ってくるものは多いし、揃えるものは多いし、卒業式や卒園式、終業式など変則的に休日が散在しているしで、カレンダーも真っ黒になりつつあります。
そんなご当地沖縄ですが、沖縄旅行に来る観光客が本当に増えてきたのが目に見えて分かります😀
近隣ホテルの窓の灯りの数も増えてきており、観光バスも全盛期ほどではないにしても見かけるようになりました。
観光以外に際立った産業もない地域なので、やはり多くの観光客が来ることが何よりも波及効果が大きいのではないかなと思います。

暮らすように穏やかに。極上の癒しを楽しむ『大人のリゾート』グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート

エリアで唯一、年中楽しめる屋外『温水インフィニティプール』晴れた日はプールサイドで朝食も
朝食のイメージ

暮らすように穏やかに。極上の癒しを楽しむ『大人のリゾート』グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート

「ミルクオトメウミウシ」について

ミルクオトメウミウシ
ミルクオトメウミウシ

今日の水中写真は、「ミルクオトメウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイントで知られる残波岬(沖縄県中頭郡読谷村宇座)や砂辺No.2(沖縄県中頭郡北谷町宮城)でダイビング中に水中撮影したものです。

「ミルクオトメウミウシのサイズ」について

ミルクオトメウミウシ と 人差し指を比較
ミルクオトメウミウシ と 人差し指を比較

ダイビング中に、ミルクオトメウミウシと自分の人差し指を比較した水中写真を撮影してみました。
3mm、大きく見積もっても5mm程度の極小サイズウミウシだということが伝われば幸いです。

「ミルクオトメウミウシの外観特徴」について

ミルクオトメウミウシの外観から分かる特徴は、以下の通りです。
・体地色は乳白色
・背面から腹足縁には褐色の細点が密に散布している
・また、背面中央より前方に褐色の横帯が走る
・背面周縁は淡いピンク色
・触角は基部が半透明、その先は褐色から黒褐色

「ミルクオトメウミウシのブツブツVer」について

背面がブツブツになっているタイプもいるようです。
ミルクオトメウミウシと特徴は一致しているのですが、あまりにもブツブツが目立つので、ウミウシに詳しいガイドさんへ質問したところ、同じではないかという回答でした。老齢化はたまた個体差なのでしょうか。

「ミルクオトメウミウシの生息環境」について

沖縄のウミウシによると、ミルクオトメウミウシは季節を問わず、潮通しの良いサンゴ礁域浅所で見られると記載されています。

「ミルクオトメウミウシの生息分布」について

ミルクオトメウミウシの生息分布については、以下の通りです。
・西太平洋熱帯域

「ミルクオトメウミウシの和名・学名」について

ミルクオトメウミウシの和名および学名は、以下の通りです。
和名 : ミルクオトメウミウシ
学名 : Dermatobranchus fasciatus


沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)