モロックニシキウミウシ

スポンサーリンク

モロックニシキウミウシ

沖縄県は4月1日より飲食店や接待を伴うお店に時短要請が行われることになりました。期間は21日までの3週間なので、沖縄旅行ついでにキャバクラも楽しみたいという方は気を付けたほうが良さそうですね。

「モロックニシキウミウシ」について

モロックニシキウミウシ
モロックニシキウミウシ

今日の水中写真は、「モロックニシキウミウシ」。
沖縄本島のダイビング・ポイント「真栄田岬(沖縄県中頭郡恩納村真栄田)」で、ナイト・ダイビング中に出会って水中撮影をしたウミウシの仲間です。
ウミウシの中では、ややレアな部類に入るかも知れません。
モロックニシキウミウシは、割と大型のウミウシで体長は15cmぐらいはあったように思えます。
種小名”moloch”は、古代の中東地域で崇拝されたモレク神に因んでいるそうです。

「モロックニシキウミウシの外観特徴」について

モロックニシキウミウシの外観特徴については、以下の通りです。
・体地色は、黄褐色・赤褐色など変異に富んでいる
・二次鰓左右と、その前方左右の外套膜が張り出し、コブ状突起になる
・頭部左右の外套膜も小さく張り出し、同様にコブ状突起となる
・触角と二次鰓は体地色と同じ色彩である

モロックニシキウミウシ
モロックニシキウミウシ

「モロックニシキウミウシ 水中写真ギャラリー」

「モロックニシキウミウシの生息環境」について

モロックニシキウミウシは、潮通しの良いサンゴ礁域の転石下で見られると沖縄のウミウシに記載されていますが、ナイトダイビングでは石をめくらずとも普通に観察することができます。

「モロックニシキウミウシの生息分布」について

沖縄のウミウシによると、モロックニシキウミウシは西太平洋に生息すると記載されています。

「モロックニシキウミウシの和名・学名」について

モロックニシキウミウシの和名および学名は、以下の通りです。
和名 : モロックニシキウミウシ
学名 : Miamira moloch  Ceratosoma moloch

外観が似ているウミウシ

ニシキウミウシ と テヌウニシキウミウシ

ダイビング旅行にオススメの宿

ダイビング器材の洗い場がある宿

ダイビング機材の洗い場・大浴場あり 税込1,715円~《CABIN&HOTEL ReTIME》

ダイビング機材の洗い場・大浴場あり 税込1,715円~《CABIN&HOTEL ReTIME》

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。
ダイビングクラブ アクアギフト