ルリスズメダイの色彩異常

ルリスズメダイの色彩異常
ルリスズメダイの色彩異常
ハウジングのメンテが終わって一発目のダイビング。

ちょっとたくさんいるルリスズメダイの中に一匹おかしな個体がいた。

頬の辺りにやや紅がかかっており、体色そのものも違う。

モヤモヤしていても仕方がないのでS先生にお伺いしたところ、現時点ではルリスズメダイの色彩異常と考えられ、ルリスズメダイを標本作製時に氷で絞めた時にこういった色彩になることがあるようです。

そういったことから、自然状態でもなんらかの条件が整えば異常な状態になるのではないかと考えられるようですね。

今回思い当たるとすれば、台風17号の通過後に水温が一気に3度近く下がったことでしょうか。あとはこの個体が住み着いていた場所も特徴的なので、もしかしたらそれも関係があるかも知れないですね。

和名 : ルリスズメダイ
学名 : Chrysiptera cyanea
撮影日 : 2012年10月6日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -1.5m

ルリスズメダイの色彩異常

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM


The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)