沖縄 ホムラハゼ

このページで使われている水中写真は以下に相当するストロボを2灯使用して撮影を行っています

SEA&SEA 03122 YS-D2J 水中ストロボ

今日は、ウミウシの研究者と一緒に潜りました。
 

ウミウシの書籍は、日本のウミウシ 第二版 (ネイチャーガイド)や、SUNDAY MORNING ウミウシのいる休日: ウミウシのいる休日など新しいものがオススメです。

ダイビング、シュノーケル、磯遊びが10倍楽しくなること間違いなしです。

スポンサーリンク

ホムラハゼ

ホムラハゼ
ホムラハゼ

水中写真は、再び「ホムラハゼ」です。
沖縄本島は、風と波の影響を受けていることからダイビングで使用する海域を自由に選択できず、同じポイントを潜ることになるのですが、偶然にもホムラハゼを見つけた穴の近くにある「ホヤ」に研究者の方がハマっていたので、待っている間に軽く水中撮影。

ダイビングで3本入り、3本ともホムラハゼに出会えたので、勝手に私が名付けた「百発百中のホムラハゼ」という異名は健在のようです。

このページで使われている水中写真は以下のレンズで撮影を行っています

Nikon 単焦点マイクロレンズ AF-S VR Micro Nikkor 105mm f/2.8 G IF-ED フルサイズ対応

ホムラハゼの外観特徴

沖縄本島のダイビングで撮影したホムラハゼの水中写真
沖縄本島のダイビングで撮影したホムラハゼの水中写真

ホムラハゼは、腹鰭基部は鰓蓋後端より前。第一背鰭基部は、鰓蓋後端上にある。
第一背鰭は著しく伸長し、棘条は5本。第一・第二背鰭間が離れる。
胸鰭軟条の先端部は糸状に伸長する。第二背鰭と尾鰭上部に赤褐色斑がある。

参考書籍
山溪ハンディ図鑑 改訂版 日本の海水魚
日本のハゼ―決定版
日本産魚類検索 全種の同定
沖縄ダイビングやシュノーケルで撮影した水中写真と図鑑を照らし合わせながら調べる
時間もまた楽しいですよ。

ホムラハゼの生息環境

ホムラハゼは、内湾やサンゴ礁域のサンゴ根の隙間、死サンゴ片混じりの砂礫、砂泥底を好んで生息しています。
 

ホムラハゼの分布

ホムラハゼは、和歌山県串本、高知県柏島、屋久島、琉球列島;インドー太平洋(紅海を含む)での観察記録がある。
 

ホムラハゼの和名・学名

和名 : ホムラハゼ(スズキ目/ハゼ亜目/ハゼ科/ホムラハゼ属)
学名 : Discordipinna griessingeri
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -17m
 

このページで使われている水中写真は以下に相当するハウジングを使用して撮影を行っています

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SEA&SEA MDX-D7100ハウジング【ニコン D7100/D72…
価格:297330円(税込、送料無料) (2020/5/30時点)

ホムラハゼ 沖縄ダイビング
ホムラハゼ 沖縄ダイビング


 

沖縄本島ダイビング 水中写真サイト OKINAWANFISH
沖縄本島のダイビングで撮影したハゼやスズメダイなどの魚類・ウミウシ・甲殻類の水中写真を中心に、生息環境や見分け方、生息分布、和名・学名を中心に掲載しています。沖縄グルメ、沖縄移住、子供のことや沖縄の海・ビーチ、沖縄旅行の観光ポイントについて

DIVER 2017年3月号にて
水中写真を使用して頂きました
DIVER 2017年5月号にて
水中写真を使用して頂きました
講談社の動く魚図鑑 MOVEにて
水中写真を使用して頂きました
海に暮らす無脊椎動物のふしぎ
水中写真を使用して頂きました

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年3月25日放映

「ザ!鉄腕!DASH!!」にて
水中写真を使用して頂きました
日テレ・2018年12月23日放映

2009年琉球新報 紙面にて
沖縄本島で初めて確認された魚について記事が掲載されました

海に行ったらドローンで撮影したくなりませんか

Holy Stone ドローン GPS搭載 カメラ付き 200g以下 最大飛行時間32分 バッテリー2個付き 1080P 広角HDカメラ
The following two tabs change content below.
基本的に夏男。沖縄旅行でダイビングにハマり、南国リゾート沖縄へ移住。マイホーム購入後、子宝に恵まれ3キッズパパになりました。30系アルファードで沖縄本島をドライブしたり海に行ったり。たまにはスキー、スノーボード、サーキット走行もやりたいけど南国ならではの生活を楽しんでいます。

最新記事 by 沖縄移住 ダイビング 水中写真 OKINAWANFISH (全て見る)