セダカギンポ

明日から明後日にかけて熱帯低気圧が2つ発生するようですね。
今後の発達レベルと進路が気になるところであります。
セダカギンポ

セダカギンポ

写真は「セダカギンポ」。
今まで何度も撮影しているのでてっきり投稿済みだろうと思っていたがそうではなかったようです。
リーフエッジやリーフの上などの浅場で見かけるイソギンポ科の仲間ですが、撮影しようとするとハナヤサイサンゴなどの隙間に隠れるので全身を出している時はシャッターチャンス。
幼魚であろうと若魚であろうと老魚であろうと撮れる時はバシバシ撮っておくべし。
基本的に波の当たる岩礁性海岸やサンゴ礁域で付着珪藻を食べながら生息しています。

セダカギンポの外観特徴

頣に一対の皮弁があり、背鰭軟条数は12~13、臀鰭軟条数は13~14である。

その他

和名の由来も体高が高いことから、そのまま背高銀宝となっているようです。

セダカギンポの分布

セダカギンポは、八丈島、小笠原諸島、和歌山県白浜・串本、高知県柏島、愛媛県室手、琉球列島~台湾、インド-太平洋の熱帯域での観察記録がある。

和名 : セダカギンポ(スズキ目イソギンポ科セダカギンポ属)
学名 : Exallias brevis
撮影日 : 2014年6月29日
撮影場所 : 沖縄本島西海岸
撮影水深 : -2m

沖縄本島のダイビングOKINAWANFISH.COM

The following two tabs change content below.
4歳からスキーを始め、成人後にスノボへ転向しつつ、二輪・四輪のレースも趣味の一つ。海とダイビング好きの延長で、国内屈指のパラダイス 南国リゾート沖縄へ移住。その後、生活環境が変わり、結婚・子供たち・マイホーム購入という目標も達成して順風満帆な人生を満喫中。次の新しい目標に向かって邁進中。

最新記事 by 沖縄 ダイビング OKINAWANFISH (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です