チチブモドキ

【沖縄本島の河川で撮影したチチブモドキの水中写真】

2017年も、沖縄・奄美地方から梅雨が始まった。

この時期になると、大量のハネアリがベランダに押し寄せてくるのだが、今年は不思議と来ていない。

ま、来なければそれでいいのだが、、、

     

チチブモドキ

以下2枚は、 チチブモドキ の水中写真。

チチブモドキ は、日本産魚類の中で最も生息域が広いと言われており、渓流域以外の、河川の河口域~中流域、内陸部の汽水性湿地、純淡水域、汽水域まで幅広く生息しているカワアナゴ科カワアナゴ属の仲間。

今回の水中写真については、感潮域上流にて撮影したものだ。

割とシャイな性格で、石ころの影から影へスルリと移動しながら、コチラをチラ見してくるタイプ。

撮影しているカメラマン側としては、流れる川の中で足腰で踏ん張り、完全に岩になりきっていないと、なかなかその姿を撮影させてはもらえないような気がする。

     
沖縄本島 河川で撮影した チチブモドキ の水中写真 (10cm SL)
沖縄本島 河川で撮影した チチブモドキ の水中写真 (10cm SL)
     
沖縄本島 河川で撮影した チチブモドキ の水中写真 (10cm SL)
沖縄本島 河川で撮影した チチブモドキ の水中写真 (10cm SL)
     

チチブモドキ の外観特徴

・眼下域に鱗がない
・明色時には、頭腹面に白色点がない
・胸鰭と尾鰭の基底に、2黒色斑がある

     

チチブモドキ の分布

チチブモドキ は、伊豆諸島、小笠原諸島、房総半島南部東岸~九州南岸の太平洋沿岸にある河川、長崎県五島列島、鹿児島県上甑島、大隅諸島、琉球列島;台湾高雄・屏東、海南島、マリアナ諸島、オーストラリア北東岸、ニューカレドニア、モーレア(仏領ポリネシア)、セイシェル諸島、モザンビーグからの報告がある。

     

和名 : チチブモドキ ( スズキ目 / ハゼ亜目 / カワアナゴ科 / カワアナゴ属 )
学名 : Eleotris acanthopoma
撮影場所 : 沖縄本島 東海岸側 河川 中流域
撮影水深 : -0.2m

     

沖縄本島のダイビングと水中写真OKINAWANFISH.COM